セットアップ手順について

[ セットアップの手順 ]について説明します。  

喜帳面のセットアップは以下の手順で行ってください。
No処理名詳細説明起動
1ユーザー登録 _ ユーザー登録が完了したら、一旦ログオフ後、ログインし直してください。 _
2ログオフ _ ログイン状態のナビリストから[ ログオフ ]を選択します。 _
3ログイン _ [ 喜帳面のアカウントを使用してログイン ]する方法でログインしてください。
ログインに成功すると、ファミリ選択ページが表示されます。
_
4ファミリー選択 _ このページの[ ファミリー登録 ]をクリックして、[ ファミリーマスタの保守 ] を呼び出します。 _
5ファミリーマスタの保守 _ あなたの[ファミリー]を追加登録します。
[ 追加 ]ボタンをクリックし、ファミリー名を登録します。
これで [ メニュー ] が使用できようになります。
ファミリー名は後で変更することもできます。
[ ファミリー ]についてはこちらも参照ください。 _
_
6マスタの一括操作 _ [ ファミリー ]の登録が終わったら、サンプルファミリーから標準データを一括でコピーします。
[ 操作 ]は追加を指定し、テーブル一覧の見出し部のチェックを入れて、全行(全マスタ)を処理の対象にしてください。
_
7会計期別環境設定 _ 一括操作で3期分のレコードがコピーされます。
標準データは白色申告、免税事業者の設定になっています。その他にも各種設定項目があります。必要に応じて設定値を変更してください。
尚、変更値は、継続するレコードに複写することができます。
_
8補助科目マスタの保守 _ 補助科目マスタは勘定科目の内訳となる科目です。勘定科目ごとに補助科目を使う、使わないを任意に可能です。 標準データの勘定科目の設定では、以下の勘定科目に補助科目を使用すると設定しています。
・補助あり勘定科目の一覧   

まず、事業の預金、前払金と家計の預金、前払金を編集してください。
売掛金や買掛金、未払金(クレジット)については、次に行う[ 取引先マスタの保守 ]で 取引先を追加しすると、補助科目にも同時に追加することができます。
_
9取引先マスタの保守 _ 取引先マスタには、債権先、債務先、購入先、クレジット会社などの取引先を登録します。
債権先は売掛金、債務先は買掛金、購入先とクレジット会社は未払金のそれぞれ補助科目として取引先登録と同時に補助科目マスタに登録可能です。
[ マスタの一括操作 ]でサンプルレコードがコピーされます。そのレコードを参考にして取引先を登録してください。
サンプルレコードは[ マスタの一括操作 ]の[ サンプル削除 ]で一括削除可能です。
_
10部門マスタの保守 _ 事業帳簿、家計簿には部門を設定可能です。取引データや仕訳データには部門コードを保持しており、部門別の金額集計が可能になります。
[ マスタの一括操作 ]でサンプルレコードがコピーされます。事業用には2レコード登録されます。1件だけで良い場合は2レコード目[ 事業部門 その2 ]を削除してください。
尚、事業用、家計用それぞれ最低1レコードは存在している必要があります。
_
取引登録可能になりました ここまでの手順が終了したら、取引の登録が可能になります。
11期首残高登録 _ BS科目の開始残高を登録します。青色申告用の帳簿類を作成する場合や、現金、預金、クレジットなどの残高(予定含む)まで管理されたい場合は各科目の開始残高を登録してください。
尚、期首ではなく任意の月からスタートする場合は、指定月での開始残高を登録することもできます。
_