期首残高登録


期首残高登録

[ 期首残高登録 ]について説明します。  

期首残高登録では、勘定科目及び補助科目のBS科目について、期首時点での残高を登録します。

運用開始時に一度残高登録を行い、その後取引の登録を継続していけば、再度残高を登録する必要はありません。
BS科目の期末残高は、翌期の期首残高に自動的に引き継がれます。
尚、事業帳簿の事業主貸、事業主借、元入金の翌期への繰越についても自動的に行われます。
翌期元入金期首残には (期末の元入金残高)+(青色申告特別控除前の所得金額)+(期末事業主借残高)-(期末事業主貸残高)が
事業主借と事業主貸の期首残高には0がセットされます。

[ ファミリ管理者メニュー ]-[ マスタの保守 ]-[ 会計関連 ]-[ 期首残高登録 ]を選択して起動します。
【参考ドキュメント】 [ マスタ保守全般 ] _ , [ 一覧操作全般 ] _ , [ 勘定科目マスタの保守 ]_ , [ 補助科目マスタの保守 ]_

[ 期首残高登録 ]ページが表示されます。
最初は一覧表示用のデータ抽出条件を指定する部分だけが表示されます。   
抽出条件

データ抽出条件を指定してください。   

項目名必須説明
帳簿区分選択必須{ 事業用,家計用}から選択します。
月開始日選択必須 リストから選択します。
リストには期別の期首年月日が表示されます。残高を登録する期の期首年月日を選択してください。
期中での残高登録が必要な場合は[ JOB別設定マスタの保守 ]で[ 期首残高登録 ]の[ 期首固定FLG ]を解除します。 _を参照ください。
伝票区分選択必須 勘定科目ごとの残高は勘定科目別、期別、月別、伝票区分別、部門別に保持しています。
開始時の残高登録では、[ 通常伝票 ]の残高を処理対象にしますので初期値の[ 通常伝票 ]が選択された状態にしてください。
伝票区分別の残高の確認や変更を行う必要がある場合には、[ 通常伝票 ]以外の伝票区分を選択してください。 伝票区分については _も参照ください。
部門コード選択必須 一覧部に表示できる部門は3部門までです。指定した帳簿に属する部門が4部門以上存在する場合にこのリストは表示されます。
先頭に表示する部門をリストから選択してください。

残高情報の [ 登録 ],[ 変更 ]を行う場合は、[ 一覧表示 ]ボタンをクリックします。
[ 試算表(1) ]ボタンをクリックすると、期首残高を試算表形式でダイアログに表示します。

[ 一覧表示 ]ボタンのクリックで[ 一覧部 ]が表示されます。   

一覧部
一覧は、[ 勘定科目一覧 ]と[ 補助科目一覧 ]の2つが表示されます。
[ 勘定科目一覧 ]では、勘定科目別、部門別の残高の編集を行います。
[ 補助科目一覧 ]では、補助科目別、部門別の残高の編集を行います。
[ 期首残高登録 ]では金額の編集を、一覧の行部分で行います。

[ 勘定科目一覧 ] での 勘定科目別,部門別,期首残高の登録について    

データ抽出条件に応じた勘定科目の一覧と科目別部門別の残高の一覧が表示されます。
残高編集の対象となる行を選択しセルをクリックすると編集が可能になります。
勘定科目一覧 勘定科目一覧
データ抽出条件に応じた勘定科目の一覧と科目別部門別の残高の一覧が表示されます。
残高編集の対象となる行を選択しセルをクリックすると編集が可能になります。
勘定科目一覧
項目名区分説明
勘定科目名表示 勘定科目名を表示します。
使用しない科目が一覧に表示されないようにするには、[ 勘定科目マスタの保守 ]で[ 表示区分 ]を[ 表示しない ]設定に変更してください。
補助表示 補助科目を持つ科目の場合[ ・ ]が表示されます。[ 勘定科目一覧 ]では、補助科目のある行の残高の編集はできません。編集した値は無視されます。
補助科目のある行が選択されると、下部の[ 補助科目一覧 ]に補助科目の一覧が表示され、補助科目別、部門別の残高の編集が可能になります。
[ 補助科目一覧 ]で補助科目の残高編集を行う前に、それまでに編集した勘定科目別の残高を更新するようにしてください。
合計表示 2つ以上の部門が存在する場合に勘定科目毎の合計値が表示されます。
部門1~3入力 1行に最大3部門が表示されます(※1)。セルをクリックすると、金額の編集が可能になります。勘定科目別部門別の残高を登録してください。
残高を持たない部門の場合は、0でも空白でも良いです。
PCの場合[ Tab ]キーを押下することで、編集対象セルが移動します。
1行分の編集が終わると、勘定科目の[ 合計 ]と一覧の下にある[ 借方金額合計 ][ 貸方金額合計 ][ 差額 ]を再計算し表示します。
また、[ 変更を保存 ]ボタンがクリックできるようになります。

(※1)4部門以上登録されている場合は、抽出条件部の[ 部門コード ]で指定された部門より部門コード順に最大3部門が表示されます。
その他表示 4部門以上登録されている場合は、現在表示されている部門以外の金額の合計が表示されます。

残高の編集が完了したら、[ 変更を保存 ]をクリックして更新処理を行ってください。
[ 期首残高登録 ]処理は、複数行の編集内容を一括で更新します。

[ 補助科目一覧 ] での 勘定科目別,補助科目別,部門別,期首残高の登録について    

[ 勘定科目一覧 ]で補助科目を持つ勘定科目行を選択すると。[ 補助科目一覧 ]部に指定された勘定科目の内訳(補助科目)を一覧表示します。
勘定科目一覧 勘定科目一覧
残高編集の対象となる行を選択しセルをクリックすると編集が可能になります。
勘定科目一覧
項目名区分説明
補助科目名表示 補助科目名を表示します。
使用しない科目が一覧に表示されないようにするには、[ 補助科目マスタの保守 ]で該当の補助科目を削除してください。
合計表示 2つ以上の部門が存在する場合に補助科目毎の合計値が表示されます。
部門1~3入力 1行に最大3部門が表示されます(※1)。セルをクリックすると、金額の編集が可能になります。勘定科目別補助科目別部門別の残高を登録してください。
残高を持たない部門の場合は、0でも空白でも良いです。
PCの場合[ Tab ]キーを押下することで、編集対象セルが移動します。
1行分の編集が終わると、補助科目の[ 合計 ]と一覧の下にある[ 合計 ]を再計算し表示します。
また、[ 変更を保存 ]ボタンがクリックできるようになります。

(※1)4部門以上登録されている場合は、抽出条件部の[ 部門コード ]で指定された部門より部門コード順に最大3部門が表示されます。
その他表示 4部門以上登録されている場合は、現在表示されている部門以外の金額の合計が表示されます。

残高の編集が完了したら、[ 変更を保存 ]をクリックして更新処理を行ってください。
[ 期首残高登録 ]処理は、複数行の編集内容を一括で更新します。
補助科目残高の更新後、[ 勘定科目一覧 ]の対象勘定科目の残高が新たしい値に更新されます。 但し、[ 勘定科目一覧 ]に未保存の行が存在する場合は、[ 勘定科目一覧 ]の値は更新されません。 [ 勘定科目一覧 ]の未保存の行が保存された後に再表示された時点では最新の値が表示されます。

[ 試算表(1) ] について    

このページにある[ 試算表(1) ]をクリックすると、[ 試算表(1) ]がダイアログ表示されます。登録した勘定科目別の期首残高を確認することができます。
試算表(1)
このページではダイアログ内に表示しますが、メニューから起動した場合と同じ処理が呼び出されています。狭くて見づらいようでしたら、メニューから呼び出してみてください。
尚、試算表(1)では、補助科目別の内訳金額や合計科目の金額は表示されません。それらを参照されたい場合は、メニューから [ 試算表(2) ]を呼び出し, [ 期首残高 ]を指定してみてください。