伝票レイアウトマスタの保守


伝票レイアウトマスタの保守

[ 伝票レイアウトマスタの保守 ]について説明します。

伝票レイアウトマスタは、 [ マスタの一括操作 ] で標準データの一括コピーをした上でお使いください。

[ 伝票レイアウトマスタ ]は、伝票のレイアウトを制御する設定データです。
設定値を標準値から変更すると、意図しない動作となる場合もありますので、事前にテスト用のファミリーを追加し、テスト用ファミリーで動作確認を十分行ってください。


【参考ドキュメント】 [ マスタ保守全般 ][ 取引伝票の発行 ][ 伝票マスタの保守 ][ 画像ファイルのアップロード ][ 色の選択 ][ 設定変更 ]

[ ファミリ管理者メニュー ]-[ マスタの保守 ]-[ 動作環境設定 ]-[ 伝票関連 ]-[ 伝票レイアウトマスタの保守 ]を選択して起動します。

[ 伝票レイアウトマスタの保守 ]ページが表示されます。   

最初は編集対象の[ 伝票種別 ]と[ 伝票レイアウトCD ]を指定する部分が表示されます。
伝票レイアウトマスタの保守 抽出条件
伝票レイアウトマスタの保守 抽出条件

既存の伝票レイアウトを変更する場合は、[ 伝票種別 ]と[ 伝票レイアウトCD ]をリストより選択して、[ 開始 ]ボタンをクリックしてください。
項目名必須説明
伝票種別 選択必須リストから選択します。
伝票レイアウトCD 選択必須リストから選択します。

新しい伝票レイアウトを追加する場合は、既存の伝票レイアウトを複写した上で新伝票レイアウトを編集します。
伝票レイアウトマスタの保守 複写
伝票レイアウトマスタの保守 複写
登録済の伝票レイアウトをコピーして新しいデータを作成する手順は以下の通りです。   
①[ 伝票種別 ]を指定します。
②[ 伝票レイアウトCD ]のリストより最後にある[ 新規追加 ]を選択します。
③[ 追加レイアウトCD ]で新たに作成する伝票レイアウトのコードを10文字以内で指定します。
④コピー元とする伝票レイアウトの[ ファミリー ]、[ 伝票レイアウトCD ]をリストから選択。
⑤[ 複写開始 ]ボタンをクリック。「複写処理を開始しますか?」のメッセージに [ はい ]。
以上の操作で複写処理が実行され、複写後に[ 伝票レイアウトCD ]に[ 新しい伝票レイアウト]が表示されます。
後は、[ 開始 ]ボタンをクリックして、[ 新しい伝票レイアウト]を編集してください。

不要な伝票レイアウトを削除する場合は、伝票レイアウトを変更する場合と同様に、[ 伝票種別 ]と[ 伝票レイアウトCD ]をリストより選択して、[ 開始 ]ボタンをクリックします。
不要な伝票レイアウトを削除する手順は以下の通りです。   
①[ 構造ツリー部 ]で先頭の[伝票レイアウト名 ]を選択します。
伝票レイアウトマスタの保守 削除 ツリー
伝票レイアウトマスタの保守 削除 ツリー

②[ 伝票レイアウト全体 ]の[ 開始 ]をクリックします。
伝票レイアウトマスタの保守 削除 開始
伝票レイアウトマスタの保守 削除 開始

③[ 要素の編集部 ]の下端にある[ 削除 ]ボタンをクリックします。
伝票レイアウトマスタの保守 削除
伝票レイアウトマスタの保守 削除

④「削除してよいですか?」のメッセージに [ はい ]。
以上の手順で、指定の伝票レイアウトが削除されます。


伝票レイアウト編集操作の全体概要   

編集操作は[ 構造ツリー部 ],[ 選択要素確認部 ],[要素編集部]を使用して行います。
伝票レイアウトマスタの保守 編集全体
伝票レイアウトマスタの保守 編集全体
[ 構造ツリー部 ]は伝票レイアウト全体をツリー構造で表示しています。
伝票のレイアウトを編集する場合、まずこの構造ツリーから編集対象の要素をクリックして指定します。
構造ツリーから編集対象の要素をクリックすると[ 選択要素確認部 ]に選択要素の[ 説明 ]が表示され、[ 編集操作 ]リストから操作内容が指定可能になります。
操作内容を指定したら、右の[ 開始 ]ボタンをクリックしてください。[ 要素編集部 ]が表示されます。
[ 要素編集部 ]では各要素の設定値を編集します。
編集値は下部の[ 編集を保存 ]をクリックしてデータベースに格納します。


[ 構造ツリー部 ]について   

[ 開始 ]ボタンのクリックで伝票レイアウトの[ 構造ツリー部 ]が表示されます。
伝票レイアウトマスタの保守 構造ツリー部
伝票レイアウトマスタの保守 構造ツリー部
項目名説明
非表示データの扱い リスト{表示する、表示しない}から選択し、[ ツリー表示 ]ボタンのクリックでツリーを再表示します。
表示する:[ 表示区分 ]が"表示しない"設定になっている要素も構造ツリーに表示します。
表示しない:[ 表示区分 ]が"表示しない"設定になっている要素は構造ツリーに表示しません。
要素項目 ルート要素(ツリーの先頭)は、[レイアウト全体]です。以下に各レイアウト構成要素の[ 説明 ]部がツリー形式で表示されます。尚、先頭の[n]部分は表示順です。
編集を行いたい要素をクリックして指定します。
各要素項目をクリックすると、要素下のツリーを展開もしくは折り畳みます。また[ 選択要素確認部 ]に、クリックした要素の、[説明],[データ区分]が表示されます。
PDF作成 レイアウトの確認用のPDFファイルを作成します。


[ 選択要素確認部 ]について   

[ 構造ツリー部 ]で構成要素名をクリックすると[ 選択要素確認部 ]に選択要素の情報が表示されます。
伝票レイアウトマスタの保守 選択要素確認部
伝票レイアウトマスタの保守 選択要素確認部
項目名説明
データ区分 各構成要素の[ データ区分 ]が表示されます。
編集操作 選択した要素に対する操作をリストから選択します。
リストには、選択した要素自体を編集する操作と、選択した要素下へ新要素を追加する操作が表示されます。
ツリーから選択した要素に応じて追加可能な要素のリストが作成されます。
開始 編集操作で指定した内容に応じて[ 要素編集部 ]を表示します。


[ 要素のデータ区分 ]について   

レイアウトを構成する各要素は、その属性に応じて[ データ区分 ]で分類しています。
データ区分説明
レイアウト全体 ページ全体の設定(例:ページの方向、マージンなど)や、構成要素のデフォルト値を登録します。
[レイアウト全体]の下には、[領域]と[伝票明細テーブル]を配置できます。
 
[領域]と[伝票明細テーブル]の配置例:見積書   
伝票レイアウトマスタの保守 領域
伝票レイアウトマスタの保守 領域
領域
各種要素を配置するための領域をページ上に割り当てます。
[領域]の下には、[テーブル]、[テキスト]、[画像]を配置できます。
 
[テーブル]、[テキスト]、[画像]の配置例:見積書   
テーブル
テキストを繰り返し表示する場合に使用します。
[テーブル]の下には、[テーブル行]を配置します。
 
[テーブル]内への[テーブル行]の配置例:見積書   
取引先住所・名称[テーブル]内に[テーブル行]を6行配置しています。
尚、[テーブル行]は表示する項目が全て[空]の場合、該当の行は表示されず、行は上に詰められます。
伝票レイアウトマスタの保守 テーブル
伝票レイアウトマスタの保守 テーブル
テーブル行
テキストを繰り返し表示する場合に使用します。
[テーブル行]の下には、複数の[テキスト]や[画像]が配置できます。
 
[テーブル行]内への[テキスト]の配置:見積書の[ 合計金額 ]テーブルの例   
見積書の[ 合計金額 ]テーブルには[見出し行]と[明細行]の2つの[テーブル行]が配置されています。
各行にはそれぞれ[1]~[4]の4つの[テキスト]が配置されています。
伝票レイアウトマスタの保守 テーブル行
伝票レイアウトマスタの保守 テーブル行
伝票明細テーブル
伝票データの明細行の繰り返しを表示する為の領域です。
[伝票明細テーブル]の下には、[テーブルヘッダー]、[テーブルボディー]、[テーブルデバイダー]、[テーブルフッター]を配置できます。
 
[伝票明細テーブル]内の[ヘッダー][ボディー][ヘッダー][デバイダー][フッター]の配置例:見積書   
[伝票明細テーブル]内に[ヘッダー][ボディー][ヘッダー][デバイダー][フッター]を配置しています。
伝票レイアウトマスタの保守 伝票明細テーブル
伝票レイアウトマスタの保守 伝票明細テーブル
テーブルヘッダー
[伝票明細テーブル]の見出し部を構成します。
[テーブルヘッダー]の下には、複数の[テーブル行]が配置できます。
 
[伝票明細テーブル]の[テーブルヘッダー]内への[テーブル行]の配置:見積書の[ 伝票明細 ]テーブルの例   
見積書の伝票明細部の[ テーブルヘッダー ](テーブルの見出し部)は2行の[テーブル行]で構成されています。
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルヘッダー
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルヘッダー
テーブルボディー
[伝票明細テーブル]の明細行の繰り返し部を構成します。
[テーブルボディー]の下には、複数の[テーブル行]が配置できます。
 
[伝票明細テーブル]の[テーブルボディー]内への[テーブル行]の配置:見積書の[ 伝票明細 ]テーブルの例   
見積書の伝票明細部の[ テーブルボディー ](テーブルの明細行部)は2行の[テーブル行]で構成されています。
この例では、取引伝票の登録で登録された明細行1行が、上下2段で表示されます。
[ テーブルボディー ]部には取引伝票の登録で登録された明細が繰り返し表示され、伝票明細テーブルは行数分だけ自動的に拡張されます。
登録明細が多く1ページ内に収まらない場合は、次のページにまで拡張します。その際、テーブルデバイダーが設定されている場合は[テーブルデバイダー]を表示することができます。
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルボディー
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルボディー
テーブルデバイダー
[伝票明細テーブル]が拡張し、ページ跨ぎが発生する場合に表示される要素です。
[テーブルデバイダー]の下には、[テキスト]が配置できます。
 
[伝票明細テーブル]の[テーブルデバイダー]内への[テキスト]の配置:見積書の[ 伝票明細 ]テーブルの例   
見積書の伝票明細部の[ テーブルデバイダー ]には[テキスト]が1つ配置されています。
登録明細が多く1ページ内に収まらない場合は、次のページにまで拡張します。その際、テーブルデバイダーが設定されている場合は[テーブルデバイダー]を表示することができます。
この例では、「次頁に続きます。」のコメントが表示されます。
尚、画像はツリー部[PDF作成]ボタンをクリックして作成した、レイアウト確認用のPDFファイルのものです。
[ JOB別設定マスタの保守 ]で[ PDFテスト作成時の伝票明細行部の行数 ]を変更することができます。標準値は5行となっています。
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルデバイダー
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルデバイダー
テーブルフッター
[伝票明細テーブル]の下端に設置される要素です。
[テーブルフッター]の下には、[テキスト]が配置できます。
 
[伝票明細テーブル]の[テーブルフッター]内への[テキスト]の配置:見積書の[ 伝票明細 ]テーブルの例   
見積書の伝票明細部の[ テーブルフッター ]には[テキスト]が2つ配置されています。但し「仕訳摘要」は非表示設定になっています。
この例では、「伝票摘要」が表示される設定となっています。
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルフッター
伝票レイアウトマスタの保守 テーブルフッター
テキスト
[ 領域 ]、[ テーブルの行 ]、[ テーブルデバイダー ]、[ テーブルフッター ]の配下に設置します。
文字や数値を表示する為の「箱」です。
背景色、罫線、フォントなどの形状と表示する内容を指定します。
画像
[ 領域 ]、[ テーブルの行 ]の配下に設置します。
ロゴ等の画像表を示する為の「箱」です。
画像を使用する場合は事前に[ 画像ファイルのアップロード ] で画像をサーバーに登録しておく必要があります。
尚、使用可能なファイルは[PNG画像],[JPEG画像],[BMP画像]となっています。


[ 要素編集部 ]について   

[ 選択要素確認部 ]で[ 編集操作 ]を指定し、[ 開始 ]をクリックします。
[ 選択要素確認部 ]に選択要素の情報もしくは新たに追加する要素の初期値が表示されます。
伝票レイアウトマスタの保守 要素編集部
伝票レイアウトマスタの保守 要素編集部
項目名 領域 伝票明細テーブル 説明
領域 テキスト 画像 テーブル 伝票明細テーブル ヘッダー ボディー デバイダー フッター
テーブル ヘッダー ボディー デバイダー テキスト フッター テキスト
テキスト 画像 テキスト 画像 テキスト 画像
説明 各要素に簡単な説明を付けてください。
表示区分 この要素を表示するか否かをリスト{表示する、表示しない}から選択します。
表示順 ツリー上の同じ階層に存在する要素の表示順番を指定します。
属性の継承 要素の[ 表示属性 ]について、[親要素]もしくは[同じ階層の前要素]の値を継承するか否かをリスト{ 継承する、継承しない }から選択します。
copy 編集中の要素の[ 表示属性 ]を[一時的に記憶]します。
past [一時的に記憶]した[ 表示属性 ]を編集中の要素にセットします。
[ 表示属性 ]  
位置 左、上                         要素の配置位置を指定します。[ 親要素 ]を起点にした距離を数値( [ポイント])で指定します。
角度                          [ 領域直下 ]の、[ テキスト ]と[ 画像 ]で利用可能な属性で、要素を傾けて表示する場合の[ 角度 ]を指定します。
例:納品書のロゴ画像   
サイズ高さ   要素の高さを指定します。 [ タイプ ]をリスト{ 相対値、固定値 }より選択し、次のボックスにサイズを入力します。 サイズは、相対値の場合[ % ]で指定 、固定値の場合[ポイント]で指定します。
サイズ幅             要素の幅を指定します。 [ タイプ ]をリスト{ 相対値、固定値 }より選択し、次のボックスにサイズを入力します。 サイズは、相対値の場合[ % ]で指定 、固定値の場合[ポイント]で指定します。
コンテンツ配置 水平・垂直                     要素内の[ コンテンツ ](テキストの値など)の配置方法をリストから指定します。 水平{ 左寄せ、中央、右寄せ }、垂直{ 上詰め、中央、下詰め }
背景色 要素の背景色を指定します。 [ 色の選択 ]を参照ください。
罫線の表示         要素の周囲に付く罫線の表示有無を{表示しない、表示する}より選択します。
[表示する]を選択した場合、後続する罫線情報に基づいて要素の罫線を表示します。 [表示しない]を選択した場合、後続の罫線情報は無視され、罫線は消えます。要素の位置、サイズを確認する際に、罫線を一時的に表示する場合に便利な属性です。
罫線角丸         要素の周囲に付く罫線の角を丸くする場合に指定します。
例:納品書の[領域3]の合計欄   
罫線色         要素の周囲(左右上下各々)に付く罫線の「色」を指定します。 [ 色の選択 ]を参照ください。
罫線スタイル         要素の周囲(左右上下各々)に付く罫線の「線のスタイル」線種    をリスト{実線、破線、一点鎖線、二点鎖線、点線}から選択します。
罫線幅         要素の周囲(左右上下各々)に付く罫線の「幅」を指定します。
マージン   要素の周囲(左右上下各々)の[ マージン ][ポイント]で指定します。
左記表内で※が表示されている要素については、上下のマージンは有効ですが、左右のマージンは無効です。(継承用の値としての設定は可能)
パディング   要素の周囲(左右上下各々)の[ パディング ][ポイント]で指定します。
フォント色         フォントの色を指定します。フォントの色は色名でのみ指定が可能です。 [ 色の選択 ]を参照ください。
フォントスタイル         フォントのスタイルを指定します。「0:普通、1:太字、2:イタリック、4:打消し線、8:二重打消し線、16:下線、32:二重下線」を選択します。重複選択可能です(合計値になります)。
コード検索 をクリックすると、[ フォントスタイルの選択 ]    ダイアログを表示します。
フォントサイズ         フォントのサイズを指定します。
フォント名         フォント名をリスト{メイリオ(Meiryo)、Meiryo UI、MS Pゴシック、MS ゴシック、MS UI Gothic、MS P明朝、MS 明朝}から選択します。   
単語間隔         単語間の間隔を指定します。半角のスペースで区切られている「単語」の間隔を広げることができます。   
文字間隔         文字の間隔を指定します。文字の間隔を広げることができます。   
項目名 領域 伝票明細テーブル 説明
領域 テキスト 画像 テーブル 伝票明細テーブル ヘッダー ボディー デバイダー フッター
テーブル ヘッダー ボディー デバイダー テキスト フッター テキスト
テキスト 画像 テキスト 画像 テキスト 画像
[ 表示内容 ]  
要素名                      表示する取引データの項目( [ 取引伝票の表示要素 ] )をリストから選択します。
コメント等の文字列を伝票上に表示する場合、この項目は空白にします。指定可能項目   
編集タイプ                      表示する項目の編集方法をリストから選択します。
省略すると項目に応じた標準的な編集方法が採用されます。   
編集文字列                      編集タイプで[ 文字列指定 ]を選択した場合、書式指定文字列を指定してください。
C#のToStringメソッドのformatが指定可能です。例示(マイナス記号を▲で表示)   
文字抽出開始位置                      文字列データの一部分を表示する場合、文字抽出開始位置(先頭は1)を指定します。省略すると先頭が指定されたものとして扱います。
抽出文字数                      文字列データの一部分を表示する場合、抽出する文字数を指定します。省略すると、抽出開始位置以降の全文字が抽出されます。
表示文字列前                      抽出された文字列の前に結合する文字列を指定します。
例えば、納品書の取引先の郵便番号の場合[ 要素名 ]に[ 伝票.取引先郵便番号 ]、[ 表示文字列前 ]に[〒 ]を指定して[〒 123-4567]と表示しています。
表示文字列後                      抽出された文字列の後に結合する文字列を指定します。
編集オプション                      文字列の編集の編集オプションを指定します。以下のパターンがあります。   
画像ファイル                        リストより画像ファイルを選択します。
リストには [ 画像ファイルのアップロード ] にてサーバーに保存されている画像ファイルの一覧が表示されます。
取引伝票のロゴを使用される場合:伝票レイアウトのロゴファイルは[Logo.png]で標準設定しています。画像ファイルを[Logo.png]で作成してアップロードするか、レイアウトの設定を変更してください。

※[ ポイント(pt) ]について
1pt ≒ 0.3528mmです。例えば、レターサイズの横幅(pt)は、612pt = 612 * 0.3528 ≒ 216mm。
1mm ≒ 2.8346ptです。例えば、レターサイズの縦幅(mm)は、279.4mm = 279.4 * 2.8346 ≒ 792pt。 となります。

※[ マージンとパディング ]について
伝票レイアウトマスタの保守 AboutMarginPadding
伝票レイアウトマスタの保守 AboutMarginPadding
マージンは指定の要素の外側に作成する余白。 パディングは指定の要素の内側に作成する余白。 となります。


[ 編集部 ]の入力が完了したら。レコードの更新方法を指定します。   


実行確認を行います。