取引の登録処理 操作全般


取引の登録
操作全般

[ 取引登録処理の操作方法(全般)]について説明します。

[ 取引登録 ]は、事業帳簿の売上、家計簿に記載する取引を登録する処理です。


【参考ドキュメント】 [ 一覧操作全般 ][ 標準勘定科目一覧 ][ 取引伝票データについて ]

[ ファミリ管理者メニュー ]-[ 取引の登録 ]の下の処理を選択して起動します。

取引登録処理のページは[ 帳簿指定部 ],[ 一覧部 ],[ 編集部 ]で構成されています。
また、
[ 一覧部 ]は、[ 抽出条件指定部 ],[ 一覧表示部 ]、
[ 編集部 ]は、[ 伝票ヘッド編集部 ],[ 明細編集部 ],[ 明細一覧部 ]で構成されています。   
取引登録 全体構成
取引登録 全体構成

[ 帳簿指定部 ]では登録する取引を記載する帳簿を指定します。
また、[ 一覧表示 ]ボタンと[ 追加 ]ボタンがあり、これから行う処理を指示します。
尚、[ 取引区分 ]と[ 部門 ]の指定によっては、[ 事業帳簿 ]と[ 家計簿 ]の双方に仕訳伝票を登録するパターンが存在します。


[ 一覧部 ]では登録済の取引伝票を一覧表示します。
[ 編集部 ]では取引伝票データの編集を行います。

[ 帳簿指定部 ]の操作    

取引登録 帳簿指定
取引登録 帳簿指定
項目名タイプ説明
ドキュメント表示
アイコン
アイコン クリックすると、処理説明ドキュメントをダイアログ表示します。
帳簿区分 選択必須 処理対象の帳簿を{ 事業用,家計用 }から選択します。
一覧表示 ボタン クリックすると、登録済みの取引を一覧表示する処理になります。
追加 ボタン クリックすると、新規取引の追加処理となり、[ 編集部 ]が表示されます。

登録済みの取引データを [ 変更 ],[ 削除 ],[ 複写 ]を行う場合は、取引一覧を表示し、対象の取引を選択し[ 編集部 ]に表示します。

[ 取引伝票の一覧表示 ] について    

[ 帳簿指定部 ]の[ 一覧表示 ]ボタンをクリックすると、以下の[ 抽出条件指定部 ]が表示されます。
取引登録 抽出条件指定部
取引登録 抽出条件指定部
項目名タイプ説明
取引年月日 入力必須 表示する取引の[ 取引年月日 ]の範囲を指定します。
日付の入力方法については[ 日付の入力について ]を参照ください。
伝票区分 選択必須 表示する取引の [ 伝票区分 ] をリストから選択します。
取引先コード 省略可 表示する取引の取引先の絞り込みを行いたい場合はコードを指定します。
をクリックすると [ 取引先コード検索 ]が起動され
一覧から取引先コードが選択できます。
表示 ボタン 上記抽出条件の指定ができたら、[ 表示 ]ボタンをクリックします。
伝票の抽出処理後、[ 一覧表示部 ]が表示されます。
一覧を閉じる
アイコン
アイコン クリックすると、[ 一覧部 ]([ 抽出条件指定部 ]と[ 一覧表示部 ])を閉じます。
抽出条件を隠す
アイコン
アイコン クリックすると、[ 抽出条件指定部 ]を折り畳みます。

[ 一覧部 ]の操作方法についてはこちら [ 一覧操作全般 ]を参照ください。


[ 編集部 ]の操作    

[ 帳簿指定部 ]の[ 追加 ]ボタンをクリック、もしくは[ 一覧部 ]で表示した取引伝票を選択すると[ 編集部 ]が表示されます。
取引登録処理の[ 編集部 ]はどの処理も、
①[ 伝票ヘッド編集部 ]、②[ 明細編集部 ]、③[ 明細更新ボタン ]、④[ 明細一覧部 ]、⑤[ 伝票更新ボタン ]
の各部で構成されています。
詳細な機能等など、登録処理毎に異なる部分もありますので、各登録処理のドキュメントも参照してください。
取引登録 編集部
取引登録 編集部
[ 取引伝票データ ]は[ 伝票ヘッドデータ ]と[ 伝票明細データ ]で構成されます。
取引伝票1枚の登録で、1件の[ 伝票ヘッドデータ ]と複数(明細行数分)の[ 伝票明細行データ ]を作成します。

■取引伝票を新たに登録する操作手順(例)   
[ 帳簿指定部 ]で[ 追加 ]ボタンをクリックし[ 編集部 ]を表示し、以下の操作を行います。
①[ 伝票ヘッド編集部 ]を入力
②[ 明細編集部 ]を入力
③[ 明細更新ボタン ]の[ 行追加 ]をクリックし、編集した明細を④[ 明細一覧部 ]に追加します。
 登録したい行数分だけ②③を繰り返します。
必要な明細行の追加が完了したら⑤[ 伝票更新ボタン ]の[ 追加 ] をクリックします。

■登録済の取引伝票をコピーして新しい取引伝票を作成する手順   

■登録済の[ パターン伝票 ]から新しい取引を作成する手順   

■登録済の[ 予定伝票 ]を取引実績伝票に切り替える手順   

■登録済の取引伝票の内容を変更する手順   

■登録済の取引伝票を削除する手順   

■「警告行が存在します。確認してください。」のメッセージが表示されたときの対応   


[ 伝票ヘッド編集部 ]について [ 売上・収入登録 ]を例に説明します。   
取引登録 伝票ヘッド編集部
取引登録 伝票ヘッド編集部
項目名タイプ説明
[ 伝票区分 ] 選択必須 リストから選択してください。
[ 伝票No ] 表示のみ 取引伝票の一覧から選択されて取引伝票を表示した場合は選択した取引伝票の伝票Noが表示されます。
[ 取引年月日 ] 入力必須 取引日を[ 取引日付指定可能範囲 ]内で入力してください。
[ 取引日付指定可能範囲 ]は取引日付として指定可能な日付の範囲です。
最少日付は、今期で締切処理が未処理となっている最少の日付です。
最大日付は、最少値に[会計期別環境設定]の [取引日指定可能月数]を加算した日付となります。
[ 伝票区分 ]に[ 予定伝票 ]を指定した場合は、[ 取引日付指定可能範囲 ]を超えた日付の指定が可能です。
[ 伝票区分 ]に[ パターン ]を指定した場合は、任意の日付が指定可能です。
日付の入力方法については[ 日付の入力について ]を参照ください。
今日 クリックすると[ 取引年月日 ]に今日をセットします。
[ 部門コード ] 選択必須 [ 帳簿区分 ]で指定した値に応じた部門リストが表示されます。リストから部門を選択してください。
[ 帳簿区分 ]で指定した値に応じた部門が1つしか存在しない場合は、[ 部門コード ]は表示されません。
[ 取引区分 ] 選択必須 取引区分がリストに表示されます。リストから取引区分を選択してください。

以下は取引先の情報領域です。この部分は登録処理毎に内容が異なります。
詳細については各登録処理のドキュメントを参照ください。
ここでは、[ 売上・収入登録 ]を例示して説明します。
取引登録 伝票ヘッド編集部 取引先情報領域
取引登録 伝票ヘッド編集部 取引先情報領域
項目名タイプ説明
[ 取引先コード ] 取引先コードを入力すると、 [ 取引先マスタ ] を参照し、取引先名称等[ 取引先情報部 ]が表示されます。
コード検索 をクリックすると、[ 取引先コード検索 ]が呼び出されます。
トグル をクリックすると、[ 取引先情報部 ]を[折り畳んで隠す、展開して表示]を行うことができます。
取引先名正式 [ 取引先マスタ ]の[ 取引先正式名 ]が表示されます。
諸口取引先の場合は、都度入力が可能になります。
入力した値は、仕訳伝票の取引先名にもセットされます。
[ 取引先の住所 ]領域
・郵便番号
・住所
・電話番号
取引先コードの入力時点では、折り畳んで隠れた状態になっています。取引先名正式右の トグル をクリックすると展開して表示されます。
[ 取引先マスタ ]に登録されている[ 郵便番号 ][ 住所 ][ 電話番号 ]が表示されます。
諸口取引先の場合は、入力可能項目となり、伝票登録の都度任意の値を入力することができます。
諸口取引先の場合は、[郵便番号から住所をセット]が使用できます。
郵便番号を入れて [ 郵便番号から住所をセット ]をクリックすると、住所1に都道府県名、住所2に市区町村名がセットされます。
債権・債務情報部 以下、債権先コードから予定仕訳作成区分までは、[ 債権・債務情報部 ]です。事業帳簿で表示します。家計の場合は表示されません。
ヘッド部の取引区分に紐づく勘定科目が、売掛金や買掛金など、取引先を補助科目とする勘定科目の場合に入力を行う項目です。
ヘッド部の取引区分が[ 売上(現金) ]や[ 売上(普通預金) ]などの場合は表示されません。
債権先コード
(債務先コード)
債権先コード(債務先コード)で売掛金(買掛金)の補助科目を指定します。
[ 補助科目マスタ ]が登録されている必要があります。

[ 取引先マスタ ] の[ 売上売掛区分 ](仕入買掛区分)が債権先(債務先)の場合は、取引先で指定した取引先マスタの[ 債権(債務) ]情報が使用されます。
[ 取引先マスタ ] の[ 売上売掛区分 ](仕入買掛区分)が得意先(仕入先)の場合は、親である債権先(債務先)の取引先コードが債権先コード(債務先コード)に適用され、その取引先の[ 債権(債務) ]情報が使用されます。

尚、債権先コードは取引の都度、取引先とは紐付されていない任意の債権先を指定することも可能です。
例えば、支払の決済方法毎の(集金代行業者、代引き業者など)債権先を登録し、取引の都度、決済方法に応じた債権先を指定して[ 売上(売掛) ]取引を登録することで 決済方法毎の売掛金管理を行うことが可能になります。
請求・回収情報
(支払情報)
債権・債務情報に基づき、[ 締切日 ](請求締日・支払締日)と[ 締め・支払情報 ]が表示されます。
尚、[ 締切日 ]は、[ 取引年月日 ]と取引先マスタの[ 締め・支払情報 ]から算出されて初期表示されます。
この日付は任意の日付に変更することができます。移送中などで先方の請求締めに間に合わない場合などは[ 締切日 ]を先日付に変更してください。
回収予定年月日
(支払予定年月日)
[ 回収予定年月日 ](支払予定年月日)が表示されます。
尚、[ 予定年月日 ]は、[ 締切日 ]と取引先マスタの[ 締め・支払情報 ]から算出されて初期表示されます。
この日付は任意の日付に変更することができます。
回収予定口座No
(支払予定口座)
[ 回収予定口座 ](支払予定口座)のリストが表示されます。
[ 予定口座 ]は、取引先マスタの[ 回収予定口座 ](支払決済口座)に指定している値が選択されて初期表示されます。
取引の都度変更することができます。
予定口座のリストは[ 補助科目マスタ ] から[ 収入(支出)口座区分 ]=Yesのデータを抽出して作成されます。
回収予定仕訳作成区分
(支払予定仕訳作成区分)
売上・収入登録の場合、選択リストは{作成する,作成しない}です。
取引先マスタの[ 回収予定仕訳作成区分 ]に指定している値が選択されて初期表示されます。

仕入登録の場青、選択リストは{作成する(支払登録),作成する(経費支出登録),作成しない}です。
取引先マスタの[ 支払予定仕訳作成区分 ]に指定している値が選択されて初期表示されます。

[ 作成する ]を選択した場合、売上(仕入)の伝票登録と同時に 入金(支払)予定伝票 が作成されます。
その際、[取引年月日]には上記の[ 予定年月日 ]、[ 勘定科目 ][ 補助科目 ]には上記の[ 予定口座 ]で指定した内容が使用されます。
伝票摘要 取引伝票の摘要です。
仕訳伝票摘要 取引の登録時、取引伝票と同時に作成される仕訳伝票にセットされる伝票摘要です。
[ データ分類等 ]領域 取引先コードの入力時点では、折り畳んで隠れた状態になっています。伝票摘要 右の トグル をクリックすると展開して表示されます。
データ分類CD1、データ分類CD2、データ分類CD3 は実績データの集計キー項目です。
各リストの値は[ ユーザー任意設定分類マスタの保守 ] で編集可能です。
また、見出し名称の変更も[ ユーザー任意設定分類マスタの保守 ]で編集可能です。見出しを変更する場合は、[ 分類 ]で[ User Column Name ]を選択して一覧表示してください。


[ 明細編集部 ]について [ 売上・収入登録 ]を例に説明します。   
取引登録 明細行の編集 1
取引登録 明細行の編集 1
項目名タイプ説明
行No 表示のみ 現在編集中の明細行Noを表示します。
行選択中の場合は、見出しクリックで行選択を解除します。
部門コード 選択必須 指定可能な部門のリストが表示されます。リストから選択してください。
指定可能な部門が1件しかない場合は、[ 部門コード ]部は表示されません。
ヘッド部の取引区分が、事業と家計を跨ぐことのできる取引の場合、明細部の[ 部門コード ]のリストには事業と家計の双方が表示されます。
明細取引区分 選択必須 指定可能な明細取引区分のリストが表示されます。リストから選択してください。
ヘッド部の[ 取引区分 ] と[ 部門コード ]の組み合わせで明細取引区分のリストが決定します。
品名コード 品名コードを入力すると、 [ 品名マスタ ] を参照し、品名等の[ 品名情報 ]が表示されます。
コード検索 をクリックすると、[ 品名コード検索 ]が呼び出されます。
品名 [ 品名マスタ ]の[ 品名 ]が表示されます。
[ 諸口品名 ]の場合は、[ 品名 ]欄が入力可能になります。
*品名2  [ 品名マスタ ]の[ 品名2 ]が表示されます。都度入力が可能です。
この欄は[ 会計期別環境設定 ] の[ 品名2使用区分 ]が[ 使う ]設定になっている場合に表示されます。
見出しの変更も可能です。
*品名3  [ 品名マスタ ]の[ 品名3 ]が表示されます。都度入力も可能です。
この欄は[ 会計期別環境設定 ] の[ 品名3使用区分 ]が[ 使う ]設定になっている場合に表示されます。
見出しの変更も可能です。
*税区分  選択必須 税区分リストから選択します。
明細取引区分から紐付される[ 勘定科目 ]が消費税の対象外の場合はこの項目は表示されません
消費税率  選択必須 消費税率リストから選択します。
[ 取引年月日 ]に応じた税率が自動的に初期値として選択されます。
明細取引区分から紐付される[ 勘定科目 ]が消費税の対象外の場合はこの項目は表示されません
数量  入力必須 空白にはできません。使用しない場合は[ 0 ]を入力してください。
[ 取引区分の設定 ]によって、[ 数量・単価 ]を使用しない設定も可能です。
数量の小数以下の有効桁数については、 [ 会計期別環境設定]の[ 数量小数点以下桁数] で指定が可能です。
単位  [ 品名マスタ ]の[ 単位CD ]で指定した[ 単位 ]が表示されます。都度入力も可能です。
単価  [ 品名マスタ ]の[ 標準売上単価 ] もしくは[ 標準仕入単価 ]が [ 伝票種別 ] に応じて、表示されます。
尚、表示される単価は、[ 税表記区分 ]に応じて[ 税込 ]もしくは[ 税抜 ]で表示されます。都度入力も可能です。
[ 税表記区分 ]は[ 取引先マスタ ].[ 消費税表記区分 ]で指定します。
経費支出登録の場合は取引の都度[ 税表記区分 ]を指定することができます。

単価の小数以下の有効桁数については、 [ 会計期別環境設定]の[ 単価小数点以下桁数] で指定が可能です。
金額  [ 数量 ]×[ 単価 ]を計算して表示します。
見出しは、[ 表記区分 ]が[ 税抜表記 ]の場合は[ 本体金額 ]で[ 税込表記 ]の場合は[ 金額(税込) ]で表示されます。
小数以下の扱いについては [ 取引先マスタ ]の[ 売上金額端数処理区分 ]を参照ください。
[ 数量・単価 ]が使用されない取引区分の場合や、[ 数量 ]もしくは[ 単価 ]が0で[ 数量 ]×[ 単価 ]の算出結果が0となる場合は、入力値が採用されます。
値引きや返品等の取引区分(黒伝票)の場合は金額がマイナスになるように入力してください。値引きを訂正する伝票(赤伝票)の場合は逆にプラス値で入力します。 取引区分の名称が▲で始まる取引は、黒伝票の場合、金額マイナスとなるように入力します。
■売上収入登録で返品や値引きを登録する例   
●売上返品の例 
1行目、[ 売上  } 50個 単価¥250 金額¥ 12,500-
2行目、[ ▲返品 ] 3個  単価¥300 金額¥ -1,200-
3行目、[ ▲値引 ] 金額¥ -300- で登録。

売上・収入登録 売上(売掛)
明細取区 数量 単価 金額
1 売上 50 250 12,500
2 ▲返品 -4 300 -1,200
3 ▲値引 0 0 -300
合計 11,000
消費税  [ 消費税率 ]と[ 金額 ]より算出し[ 表記区分 ]に応じて[ (内)消費税 ]の形式もしくは外税の[消費税額]を表示します。
[ 表記区分 ]が[ 税抜 ]の場合は、[ 金額 + 消費税額 ]の値が [ 消費税額 ]の右に表示されます。
明細摘要  取引伝票用の明細摘要です。
仕訳摘要  仕訳伝票用の明細摘要です。
金額再計算ボタン  明細編集後に表記区分が異なる取引先に変更された場合、[ 税表記 ]が不一致の警告が発生し、再編集が必要になります。明細行の再編集を行う際にこのボタンをクリックして消費税等を再計算してください。
[ データ分類等 ]領域 摘要入力時点では、折り畳んで隠れた状態になっています。 トグル をクリックすると展開して表示されます。
データ分類CD1、データ分類CD2、データ分類CD3 は実績データの集計キー項目です。
各リストの値は[ ユーザー任意設定分類マスタの保守 ] で編集可能です。
また、見出し名称の変更も[ ユーザー任意設定分類マスタの保守 ]で編集可能です。見出しを変更する場合は、[ 分類 ]で[ User Column Name ]を選択して一覧表示してください。

[ 編集部 ]で明細1行分の入力が完了したら。明細1行分の更新方法を指定します。   


[ 明細部 ]の入力が完了したら。取引伝票データの更新方法を指定します。   


実行確認を行います。   


[ 予定伝票の自動作成機能 ]について   
クレジットカードでの購入取引を登録すると、同時に銀行からの代金引落し
予定
伝票を作成することもできます。
この機能を[ 予定伝票の自動作成機能] と呼んでいます。

[ 予定伝票の自動作成機能] は以下の取引登録処理で利用できます。
・[売上・収入登録]の[売上(売掛)]から売掛金の入金予定データを作成
・[仕入登録]の[仕入(買掛)]から買掛金の支払予定データを作成
・[経費支出]の[ クレジット ]、[ 未払金 ]から未払金の支払予定データを作成
入金・支払予定データは、取引年月日、債権・債務先、入金・支払口座単位の合計金額で伝票が作成されます。
同一日付、同一債権・債務先、同一口座のデータは予定額に加算されていきます。
元データである[ 売上 ]、[ 仕入 ]、[ 経費支出 ]データが登録後に、回収(支払)予定日、金額の変更があった場合は、旧データで減算し新データで加算されます。
尚、クレジットカードの分割払いやリボルビング払い等には対応できません。


[ 取引伝票と仕訳伝票について ]について   
取引伝票の登録処理では、「取引伝票」と「仕訳伝票」の2種類の伝票データを作成します。
取引伝票の登録画面は「取引伝票」の形式で入力や表示を行います。
・「仕訳伝票」は[ 取引区分 ] 及び「明細取引区分」の設定内容に応じて作成されます。
・「仕訳伝票」の金額は [ 会計期別環境設定]の[ 経理方式区分 ] に応じて税込か税抜かが決定されます。
・[ 経理方式区分 ]が[ 税抜 ]の場合、仕訳伝票の明細は、[ (税抜の)本体行 ]と[ 消費税 ]行が作成されます。[ 税込 ]の場合に比べると[ 消費税 ]行分データ量が増加します。
・[ 家計 ]の場合、[ 経理方式区分 ]は常に[ 税込 ]で扱われます。
・事業と家計の帳簿を跨ぎが可能な[ 取引区分 ]もあります、この場合システムは自動的に[ 事業主貸 ]や[ 事業主借 ]を使用した2帳簿分の仕訳伝票を作成します。
・取引登録処理で作成された[ 仕訳伝票 ]は[ 振替伝票登録 ]や[ 仕訳帳 ]で仕訳内容を確認できます。
 尚、[ 振替伝票登録 ]では取引登録処理で作成された仕訳伝票の変更はできません。変更は、登録元の取引登録処理でのみ可能です。