取引区分について

未完成

[ 取引区分 ]について説明します。  

[ 取引区分 ]は、各取引登録処理での取引の属性を分類し、仕訳伝票の作成方法を決定する為に[ 明細取引区分 ]と共に、使用します。


【参考ドキュメント】 [ 一覧操作全般 ]

 登録処理別[ 取引区分一覧 ]   

登録処理名帳簿取引区分説明
売上・収入登録事業売上(売掛)売掛金取引の売上を登録します。
売上(現金)現金取引での売上を登録します。
売上(普通預金)振込入金と売上を同時に登録します。
家事消費自家消費・家事消費した時の伝票登録。
メモ売上伝票形式のメモを登録します。
家計収入(現金)現金での収入の登録に使用します。
収入(預金)銀行振込での収入の登録に使用します。
収入(郵便貯金)郵便貯金への振込による収入の登録に使用します。
収入(その他)[現預金科目]より勘定科目を選択して収入の登録を行います。
売上(家計預金に入金)事業の売上代金が家計用口座に振込され、振込と事業の売上を同時に登録するケース。
売掛金の回収登録事業売掛金回収債権先から売掛金の入金があった時に使用します。
その他勘定科目を指定して入金を登録します。売掛金以外の科目を処理したいときに使用します。
仕入登録事業仕入(買掛)買掛金取引の仕入を登録します。
仕入(現金)現金取引での仕入を登録します。
仕入(普通預金)銀行振込による支払と同時に仕入を登録します。
買掛金・未払金の支払登録事業買掛金支払債務先への買掛金の支払を登録します。
クレジット代金支払い(事業)クレジット代金の引落しを登録します。
未払金支払債務先への未払金の支払を登録します。
家計クレジット代金支払い(家計)クレジット代金の引落しを登録します。
経費の支出登録事業現金(事業)事業用現金払いによる支出を登録します。
普通預金(事業)事業用預金の出金による支出を登録します。
ICカード等(前払金 事業)事業用ICカード類を使用した支出を登録します。
クレジット等(事業)事業用クレジットカード類を使用した支出を登録します。
未払金未払金に計上する経費支出を登録します。
家計現金(家計)家計用現金払いによる経費支出を登録します。
普通預金(家計)家計用預金の出金による支出を登録します。
ICカード等(家計)家計用ICカード類を使用した支出を登録します。
クレジット等(家計)家計用クレジットカード類を使用した支出を登録します。
現金・預金の振替登録事業預入れ 事業預金 現金を事業預金に預入れた場合に使用します。
引出し 事業預金事業預金を引出し現金を受け取った場合に使用します。
振替(-) 事業預金間振替事業預金間での資金移動時に使用します。
振替(-) 家計現・預金へ事業用の現金や預金を、家計用の現金や預金へ資金移動した時に使用します。
ICカードチャージ(事業)ICカード類へのチャージに事業用の現金や預金を出金した時に使用します。
利子 事業預金事業用の預金に利子がついた場合に使用します。
借越利息 事業預金事業用の預金に借越利息が発生した場合に使用します。
家計預入れ 家計預金 家計の現金を家計預金に預入れた場合に使用します。
引出し 家計預金家計預金を引出し現金(家計もしくは事業)を受け取った場合に使用します。
振替(-) 家計預金間振替家計預金間での資金移動時に使用します。
振替(-) 事業預金へ家計用の現金や預金を、事業用の現金や預金へ資金移動した時に使用します。
ICカードチャージ(家計)家計用ICカード類へのチャージに家計用の現金や預金を出金した時に使用します。
利子 家計預金家計用の預金に利子がついた場合に使用します。
借越利息 家計預金家計用の預金に借越利息が発生した場合に使用します。

 売上・収入登録   

[ 売上・収入登録 ]は事業の売上や、家計の収入を登録する処理です。

■事業の取引区分   

帳簿取引区分説明
事業 売上(売掛)
売掛金取引の売上を登録します   
明細取引区分説明標準仕訳
売上
売掛金 債権先 売上
値引
金額マイナス入力
売上値引高 売掛金 債権先
返品
金額マイナス入力
売上戻り高 売掛金 債権先
その他 [売上(収入)金額]より勘定科目を選択します
売掛金 債権先 選択した勘定科目
注釈行 コメント行を作成します 仕訳は作成されません
事業 売上(現金)
現金取引での売上を登録します   
明細取引区分説明標準仕訳
売上
現金 売上
値引
金額マイナス入力
売上値引高 現金
返品
金額マイナス入力
売上戻り高 現金
その他 [売上(収入)金額]より勘定科目を選択します
現金 選択した勘定科目
注釈行 コメント行を作成します 仕訳は作成されません
事業 売上(普通預金)
代金が振込で、振込と売上を同時に登録するケース。ヘッド部の[ 補助科目CD ]で預金口座を指定します。   

この取引区分の仕訳は、複数の明細取引区分を使用した場合、実際の振込金額と仕訳金額が一致するように[ 諸口 ]を使用します。
■[ 売上 ]と[ 振込手数料 ]を使用した例   
売上高は¥12,400 、振込手数料¥108 を差し引いた代金¥12,912が振り込まれ、売上を登録した場合。

売上・収入登録
明細取区 金額
1 売上 12,400
2 手数料
▲108
合計 12,292
振替伝票
普通預金 12,292 売上 12,400
売上値引 108
仕訳帳(プルーフ表示)
普通預金 12,292 諸口 12,292
諸口 12,400 売上 12,400
売上値引 108 諸口 108

明細取引区分説明標準仕訳
売上
普通預金 預金口座 売上
値引
金額マイナス入力
売上値引高 普通預金 預金口座
返品
金額マイナス入力
売上戻り高 普通預金 預金口座
振込手数料
振込手数料分が差し引かれて振り込まれた場合
金額マイナス入力
※1:振込手数料の勘定科目について
売上値引高 普通預金 預金口座
源泉徴収分
源泉徴収分が差し引かれて振り込まれた場合
金額マイナス入力
※2:源泉徴収分の勘定科目について
事業主貸(源泉分) 普通預金 預金口座
その他 [売上(収入)金額]より勘定科目を選択します
普通預金 預金口座 選択した勘定科目
注釈行 コメント行を作成します 仕訳は作成されません

※1:振込手数料の勘定科目については、標準設定では[ 売上値引高 ]に割り当てています。
[ 雑費 ]等他の勘定科目を使用したい場合は、[ 取引区分明細の保守 ]にて
伝票種別:売上・収入、取引区分:売上(普通預金)、明細取区:11(▲振込手数料)の[ 取区勘定科目最少 ]の値を変更してください。

※2:源泉徴収の勘定科目については、標準設定では[ 事業主貸(源泉分) ]に割り当てています。
他の勘定科目を使用したい場合は、[ 取引区分明細の保守 ]にて
伝票種別:売上・収入、取引区分:売上(普通預金)、明細取区:12(▲源泉徴収分)の[ 取区勘定科目最少 ]の値を変更してください。
事業 家事消費
自家消費・家事消費した時の伝票登録。例えば、販売用に仕入ていた「物」を家族で使ってしまったケース。   
明細取引区分説明標準仕訳
家事消費
事業主貸(一般) 家事消費等

■棚卸資産(商品など)を家事のために消費したり、贈与したような場合も収入金額になります。   
[ 確定申告書等作成コーナーよくある質問(国税庁) ]より
棚卸資産(商品など)を家事のために消費したり、贈与したような場合も収入金額になります。
この場合の収入金額は、原則として、その商品などの通常の販売価額によりますが、仕入価額(仕入価額が通常の販売価額のおおむね70%の金額よりも低いときは、通常の販売価額の70%の金額)で計算しても差し支えありません。
事業 メモ
売上伝票形式のメモを登録します   
この取引区分では、仕訳データは作成されません。

■家計の取引区分   

帳簿取引区分説明
家計 収入(現金)
現金での収入の登録に使用します。   
明細取引区分説明標準仕訳
事業収入
現金 事業収入
給与
現金 給与
不動産収入
現金 不動産収入
一般収入 その他 [一般収入]より勘定科目を選択します
現金 選択した勘定科目
賞与
現金 賞与
一般収入 その他 [特別収入]より勘定科目を選択します
現金 選択した勘定科目
家計 収入(預金)
銀行振込での収入の登録に使用します。ヘッド部の[ 補助科目CD ]で預金口座を指定します。   
明細取引区分説明標準仕訳
事業収入
普通預金 事業収入
給与
普通預金 給与
不動産収入
普通預金 不動産収入
年金等
普通預金 年金等
一般収入 その他 [一般収入]より勘定科目を選択します
普通預金 選択した勘定科目
賞与
普通預金 賞与
利子
普通預金 利子
配当
普通預金 配当
株式・有価証券等売却益
普通預金 株式・有価証券等売却益
特別収入 その他 [特別収入]より勘定科目を選択します
普通預金 選択した勘定科目
家計 収入(郵便貯金)
郵便貯金への振込による収入の登録に使用します。   
明細取引区分説明標準仕訳
事業収入
郵便貯金 事業収入
給与
郵便貯金 給与
不動産収入
郵便貯金 不動産収入
年金等
郵便貯金 年金等
一般収入 その他 [一般収入]より勘定科目を選択します
郵便貯金 選択した勘定科目
賞与
郵便貯金 賞与
利子
郵便貯金 利子
配当
郵便貯金 配当
株式・有価証券等売却益
郵便貯金 株式・有価証券等売却益
特別収入 その他 [特別収入]より勘定科目を選択します
普通預金 選択した勘定科目
家計 収入(その他)
[現預金科目]より勘定科目を選択して収入の登録を行います。   
明細取引区分説明標準仕訳
その他 [収入]より勘定科目を選択します
選択した現預金科目 選択した収入科目
家計 売上(家計預金に入金)
事業の売上代金が家計用口座に振込され、振込と事業の売上を同時に登録するケース。   

この取引区分の仕訳は、家計用の普通預金への事業収入振込と事業の事業主貸・売上の2つの仕訳が作成されます。
■[ 売上 ]と[ 振込手数料 ]を使用した例   
売上高は¥12,400 、振込手数料¥108 を差し引いた代金¥12,912が家計用の普通預金に振り込まれ、売上を登録した場合。

●売上・収入登録
取引区分:売上(家計預金に入金)
明細取区 金額
1 売上 12,400
2 手数料
▲108
合計 12,292

●振替伝票(家計)
普通預金 12,292 事業収入 12,292
●振替伝票(事業)
事業主貸(一般) 12,400 売上 12,400
売上値引 108 事業主貸(一般) 108

明細取引区分説明標準仕訳
売上
普通預金 預金口座 売上
値引
金額マイナス入力
売上値引高 普通預金 預金口座
返品
金額マイナス入力
売上戻り高 普通預金 預金口座
振込手数料
振込手数料分が差し引かれて振り込まれた場合
金額マイナス入力
※1:振込手数料の勘定科目について
売上値引高 普通預金 預金口座
源泉徴収分
源泉徴収分が差し引かれて振り込まれた場合
金額マイナス入力
※2:源泉徴収分の勘定科目について
事業主貸(源泉分) 普通預金 預金口座
その他 [売上(収入)金額]より勘定科目を選択します
普通預金 預金口座 選択した勘定科目
注釈行 コメント行を作成します 仕訳は作成されません

※1:振込手数料の勘定科目については、標準設定では[ 売上値引高 ]に割り当てています。
[ 雑費 ]等他の勘定科目を使用したい場合は、[ 取引区分明細の保守 ]にて
伝票種別:売上・収入、取引区分:売上(家計預金に入金)、明細取区:11(▲振込手数料)の[ 取区勘定科目最少 ]の値を変更してください。

※2:源泉徴収の勘定科目については、標準設定では[ 事業主貸(源泉分) ]に割り当てています。
他の勘定科目を使用したい場合は、[ 取引区分明細の保守 ]にて
伝票種別:売上・収入、取引区分:売上(家計預金に入金)、明細取区:12(▲源泉徴収分)の[ 取区勘定科目最少 ]の値を変更してください。


 売掛金の回収登録   



 経費の支出登録   



 仕入登録   



 買掛金・未払金の支払登録   



 現金・預金の振替登録