補助科目マスタの保守


補助科目マスタの保守

[ 補助科目マスタの保守 ]について説明します。  

補助科目マスタは勘定科目の内訳となる科目です。
勘定科目ごとに補助科目の使用有無を[ 補助科目区分 ]に設定できます。

[ ファミリ管理者メニュー ]-[ マスタの保守 ]-[ 会計関連 ]-[ 補助科目マスタの保守 ]を選択して起動します。
【参考ドキュメント】 [ マスタ保守全般 ] _ , [ 一覧操作全般 ] _ , [ 勘定科目マスタの保守 ]_

[ 補助科目マスタの保守 ]ページが表示されます。
最初は一覧表示用のデータ抽出条件を指定する部分だけが表示されます。   
抽出条件

データ抽出条件を指定してください。   
項目名必須説明
帳簿区分選択必須{ 事業用,家計用}から選択します。
勘定科目コード選択必須 リストから選択します。
リストには[ 勘定科目マスタ ]の[ 補助科目区分 ]で[ 使わない ]以外を指定した[ 勘定科目 ]が表示されます。

レコードの [ 変更 ],[ 削除 ],[ 複写 ]を行う場合は、[ 一覧表示 ]ボタンをクリックします。
新しいレコードを追加する場合は [ 追加 ]ボタンをクリックします。
登録済のデータをコピーして新しいデータを作成する場合は以下の手順となります。   
①データ抽出条件を指定後[ 一覧表示 ]ボタンをクリックして一覧を表示します。
②コピー元のデータの行をクリックし、編集部分に表示します。
③コードなど変更の必要な部分を入力します。
④レコードの更新方法指定で[ 追加 ]ボタンをクリックしデータ追加を行います。


売掛金、買掛金、未払金(クレジットカード)等の取引先別に補助科目を登録する科目の場合、新規レコードの追加処理は、[ 取引マスタの保守 ]で取引先の登録と共に[ 補助科目マスタ ]を追加する方法が便利です。
尚、[ 取引マスタの保守 ]で取引先を削除した場合の対応する補助科目の更新についてですが、これは削除せず残していますので、ご注意ください。

[ 一覧表示 ]ボタンのクリックで[ 一覧部 ]が表示されます。   

一覧
[ 一覧部 ]の操作方法についてはこちら _を参照ください。

[ 編集部 ] について    

編集部
項目名必須説明
勘定科目コード選択必須 リストから選択してください。
リストには[ 勘定科目マスタ ]の[ 補助科目区分 ]で[ 使わない ]以外を指定した[ 勘定科目 ]が表示されます。
補助科目コード キー項目です。英数字で最大10文字までで、既存レコードと重複しないように登録してください。
総勘定科目の[ 補助科目区分 ]で取引先を指定している場合は取引先コードを使用することを推奨します。
収入口座区分選択必須 {No,Yes}から選択します。
普通預金など、売上・収入取引の入金口座として使用する補助科目の場合は、[ Yes ]を選択します。
支出口座区分選択必須 {No,Yes}から選択します。
普通預金、前払金(PASMOなどのICカード類)、未払金(クレジットカード類)など、支出取引のの出金口座として使用する補助科目の場合は、[ Yes ]を選択します。
口座No 数値を登録します。収入口座、支出口座以外の補助科目の場合は、0を指定してください。
収入口座、支出口座とする場合は、0以外の数値で他の口座と重複しない値を指定してください。
部門コード 未使用のシステム保留項目です。空白にしておいてください。
取引先コード 総勘定科目の[ 補助科目区分 ]で取引先を指定している場合は取引先コードを指定してください。
アイコンファイル 取引先毎にアイコンを設定できます。
[ コード検索アイコン ]をクリックすると、[ イメージファイル検索 ]の呼び出しを行います。
*補助科目 自由欄1,2,3 補助科目の備考欄です。
*補助科目 自由欄の見出しは[ ユーザー任意設定分類マスタの保守 ]([分類]は[User Column Name])で変更(追加・削除)できます。次のリンクを参照ください。 _
※サンプルデータの[ *補助科目 自由欄1 ]には [ sample ]が登録されています。[ マスタの一括処理 ]でサンプルデータを削除すると、[ *補助科目 自由欄1 ]に [ sample ]と登録されているデータは削除されます。  サンプルデータをコピーして新しいレコードを登録する際は、この[ sample ]をそのまま残しておかないようにご注意ください。


[ 編集部 ]の入力が完了したら。レコードの更新方法を指定します。   


実行確認を行います。