勘定科目マスタの保守


勘定科目マスタの保守

[ 勘定科目マスタの保守 ]について説明します。

勘定科目マスタは、 [ マスタの一括操作 ] で標準データの一括コピーが可能です。
勘定科目マスタは他の多数のマスタから参照されており、システムの基幹となるマスタです。
標準データをコピーした上で名称を変更するなどしてお使いください。
標準データについては [ 標準勘定科目一覧 ] を参照ください。
尚、一覧中[ 表示 ]が[ しない ]となっている勘定科目は、取引の登録や振替伝票登録で使用できません。
これらの勘定科目を使用される場合は、[ 勘定科目マスタの保守 ]で[ 表示区分 ]を[ 表示する ]に変更してください。


【参考ドキュメント】 [ マスタ保守全般 ][ 一覧操作全般 ][ 標準勘定科目一覧 ]

[ ファミリ管理者メニュー ]-[ マスタの保守 ]-[ 会計関連 ]-[ 勘定科目マスタの保守 ]を選択して起動します。
[ 一覧表示 ]ボタンをクリックすると勘定科目一覧が表示されます。   
勘定科目マスタの保守 一覧
勘定科目マスタの保守 一覧
[ 追加 ]ボタンをクリックすると新規レコード追加モードで[ 編集部 ]が表示されます。
レコードの [ 変更 ],[ 削除 ],[ 複写 ]を行う場合は、一覧上の対象行をクリックしてください。
もしくは、
[ 勘定科目コード ]欄に勘定科目コードを入力し[ 表示 ]ボタンをクリックすると、
入力した値が未登録の場合はレコード追加モードで、存在する場合は編集モードで[ 編集部 ]が表示されます。
勘定科目コードが不明な場合は、 虫眼鏡アイコンをクリックすると [ 科目コード検索 ] が起動され一覧から勘定科目コードが選択できます。

登録済のデータをコピーして新しいデータを作成する場合は以下の手順となります。     

①データ抽出条件を指定後[ 一覧表示 ]ボタンをクリックして一覧を表示します。
②コピー元のデータの行をクリックし、編集部分に表示します。
③コードなど変更の必要な部分を入力します。
④レコードの更新方法指定で[ 追加 ]ボタンをクリックしデータ追加を行います。

[ 一覧部 ]の操作方法についてはこちら _を参照ください。

[ 編集部 ] について    

勘定科目マスタの保守 編集
勘定科目マスタの保守 編集
項目名必須説明
勘定科目コード キー項目です。数字で最大6桁までで、既存レコードと重複しないように登録してください。
標準勘定科目の場合、事業用は5桁、家計簿は6桁で採番しています。
勘定科目名 20文字まで登録できますが、表示しきれない場合があります。
勘定科目名正式 40文字以内で登録してください。
表示区分選択必須 { 表示しない,表示する }から選択します。
使用しない勘定科目の場合は[ 表示しない ]を選択してください。
科目入力コード 現在この項目は使用していません。
貸借区分選択必須 { 借方,貸方 }から選択します。
科目分類1選択必須 コンボリストから選択してください。
科目分類1から科目分類4まではリストから選択します。
リストに表示される内容は、上位の分類で指定した値に応じて変化します。
科目分類2選択必須 コンボリストから選択してください。
科目分類3選択必須 コンボリストから選択してください。
科目分類4選択必須 コンボリストから選択してください。
科目分類5 勘定科目コードの下2桁をセットしてください。
合計科目の場合は99をセットしてください。
検索キー 現在この項目は使用していません。
科目入力区分選択必須 { 入力可能科目,合計科目,見出し科目 }から選択します。
科目用途区分選択必須 { 勘定科目,事業主貸科目,事業主借科目,非勘定科目 }から選択します。
科目区分選択必須 { B/S,P/L,製造原価 }から選択します。
補助科目区分選択必須 { 使わない,使う,入出金口座,取引先 }から選択します。
借方税区分選択必須 コンボリストから選択してください。
ここで指定する税区分は、取引登録時の初期値として使用します。
取引の都度指定することも可能です。
貸方税区分選択必須 コンボリストから選択してください。
事業用科目区分選択必須 { yes,No }から選択します。
家事用科目区分選択必須 { yes,No }から選択します。
アイコンファイル 勘定科目毎にアイコンを設定できます。
をクリックすると[ イメージファイル検索 ]の呼び出しを行います。
自由欄1,2,3 勘定科目の備考欄です。


[ 編集部 ]の入力が完了したら。レコードの更新方法を指定します。   


実行確認を行います。