レポート設定情報の保守


レポート設定情報の保守

[ レポート設定情報の保守 ]について説明します。

[ レポート設定情報マスタ ]は、各種レポート処理で扱う勘定科目の情報を制御する設定データです。
レポート設定情報マスタは、対応レポート処理を初めて実行した際に標準データがコピーされます。
その為、対応レポート処理が一度も実行されていない状態では、この保守処理は実行できません。
勘定科目を新たに追加・削除した場合、表示区分(表示する、しない)を変更した場合などは、このマスタの設定値の変更が必要になる場合があります。
設定値を標準値から変更すると、意図しない動作となる場合もありますので、事前にテスト用のファミリーを追加し、テスト用ファミリーで動作確認を十分行ってください。


【参考ドキュメント】 [ マスタ保守全般 ][ 一覧操作全般 ]

[ ファミリ管理者メニュー ]-[ マスタの保守 ]-[ 動作環境設定 ]-[ レポート設定情報の保守 ]を選択して起動します。

[ レポート設定情報の保守 ]ページが表示されます。   

最初は一覧表示用のデータ抽出条件を指定する部分だけが表示されます。
レポート設定情報の保守
レポート設定情報の保守

データ抽出条件を指定して、[ 一覧表示 ]ボタンをクリックしてください。
項目名必須説明
コントローラー名 選択必須リストから選択します。
期CD 選択必須リストから選択します。
帳簿区分 選択必須リストから選択します。
データ区分 選択必須リストから選択します。
コントローラー名とデータ区分の指定については、 [ 区分類の組み合わせとその説明 ]も参照してください。

レコードの [ 変更 ],[ 削除 ],[ 複写 ]を行う場合は、[ 一覧表示 ]ボタンをクリックします。
新しいレコードを追加する場合は [ 追加 ]ボタンをクリックします。
登録済のデータをコピーして新しいデータを作成する場合は以下の手順となります。   
①データ抽出条件を指定後[ 一覧表示 ]ボタンをクリックして一覧を表示します。
②コピー元のデータの行をクリックし、編集部分に表示します。
③コードなど変更の必要な部分を入力します。
④レコードの更新方法指定で[ 追加 ]ボタンをクリックしデータ追加を行います。


[ 一覧表示 ]ボタンのクリックで[ 一覧部 ]が表示されます。   

レポート設定情報の保守 一覧
レポート設定情報の保守 一覧
[ 一覧部 ]の操作方法についてはこちら _を参照ください。

[ 編集部 ] について    

レポート設定情報の保守 編集部1
レポート設定情報の保守 編集部1
[ 編集領域 ]が表示されます。[ 集計勘定科目 ],[ 入力金額 ],[ Text ],[ 区分 ],[ 入力数字 ]の5つの部分は折り畳んだ状態で表示されます。
右側の トグル をクリックして展開してください。
レポート設定情報の保守 編集部2
レポート設定情報の保守 編集部2
各項目に設定する内容は、コントローラー名とデータ区分によって異なります。 [ 区分類の組み合わせとその説明 ]を参照してください。
項目名必須説明
SEQ キー項目です。レコードの数字で既存レコードと重複しないように登録してください。
説明 このレコードの説明文です。
処理区分選択必須 処理内容をリストから選択します。
基本勘定科目 
科目名
紐付ける基本勘定科目を指定します。
コード検索 をクリックすると、[ 科目コード検索 ]の呼び出しを行います。
表示用勘定科目 SEQで指定された行の勘定科目名欄に表示する名称をセットします。空欄にした場合は、基本勘定科目でした勘定科目の名称が使用されます。
記号 [ 収支内訳書(一般用)入力用情報の表示 ]と[ 青色申告決算(一般用)入力用情報の表示 ]の[ 記号 ]に表示する内容です。
集計勘定科目①~⑨ 
科目名
集計対象とする勘定科目を指定します。SEQで指定された行の金額項目にここで指定された勘定科目を集計し表示します。貸借区分は基本勘定科目で指定された勘定科目の値が基準となります。
コード検索 をクリックすると、[ 科目コード検索 ]の呼び出しを行います。
入力金額、集計金額 処理区分に応じて使用方法が異なります。一般的に金額集計処理で算出された値を格納します。


[ 編集部 ]の入力が完了したら。レコードの更新方法を指定します。   


実行確認を行います。   


■区分類の組み合わせとその説明■   

コントローラー名帳簿区分データ区分説明
純売上高構成勘定科目事業用P/L 事業科目 [ 純売上高 ]に含める勘定科目を指定します。取引先別年月別の売上高の集計処理で使用しています。レコードの追加・削除はしないでください。
処理区分:発生額集計、基本勘定科目と集計勘定科目①~⑨を使用します。
純仕入高構成勘定科目事業用P/L 事業科目 [ 純仕入高 ]に含める勘定科目を指定します。取引先別年月別の仕入高の集計処理で使用しています。レコードの追加・削除はしないでください。
[ 処理区分 ]:[ 発生額集計 ]、基本勘定科目と集計勘定科目①~⑨を使用します。
収支内訳書入力用情報の表示 事業用 P/L 収支内訳書に表示する科目を指定します。また、収支内訳書で[ 変更を保存 ]した際の値を保存するレコードとなります。レコードの追加・削除はしないでください。
[ 処理区分 ]:[ 期末残高集計 ]
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
売上明細(白) 収支内訳書の売上明細部の情報です。また、収支内訳書で[ 変更を保存 ]した際の値を保存するレコードとなります。レコードの追加・削除はしないでください。
SEQ:1~6の取引先別売上集計レコードの場合は[ 処理区分 ]:[ 取引先別売上集計 ]となり、勘定科目情報は使用しません。

SEQ:7[ 家事消費 ]及びSEQ:8[ その他の収入 ]の場合は[ 処理区分 ]は[ 期末残高集計 ]です。
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
仕入明細(白) 収支内訳書の仕入明細部の情報です。また、収支内訳書で[ 変更を保存 ]した際の値を保存するレコードとなります。レコードの追加・削除はしないでください。
SEQ:1~6の取引先別仕入集計レコードの場合は[ 処理区分 ]:[ 取引先別仕入集計 ]となり、勘定科目情報は使用しません。

SEQ:7[ 期首商品棚卸高 ]及びSEQ:8[ 期末商品棚卸高 ]の場合は[ 処理区分 ]は[ 期末残高集計 ]です。
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
青色申告決算(一般用)入力用情報 事業用 B/S 青色申告決算書(一般用)の[ 貸借対照表 ]に表示する科目を指定します。また、青色申告決算書で[ 変更を保存 ]した際の値を保存するレコードとなります。レコードの追加・削除はしないでください。

[ 処理区分 ]:[ 期首期末残高集計 ]
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期首、期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
P/L 青色申告決算書(一般用)の[ 決算書メイン ]に表示する科目を指定します。また、青色申告決算書で[ 変更を保存 ]した際の値を保存するレコードとなります。レコードの追加・削除はしないでください。

[ 処理区分 ]:[ 期末残高集計 ]
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
C/R 青色申告決算書(一般用)の[ 製品製造原価 ]に表示する科目を指定します。また、青色申告決算書で[ 変更を保存 ]した際の値を保存するレコードとなります。レコードの追加・削除はしないでください。

[ 処理区分 ]:[ 期末残高集計 ]
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
月別売上・仕入集計(青)) 青色申告決算書(一般用)の[ 売上(収入)金額・仕入金額 ]の情報です。また、青色申告決算書で[ 変更を保存 ]した際の値を保存するレコードとなります。レコードの追加・削除はしないでください。
SEQ:1~12の月別レコードの場合は[ 処理区分 ]:[ 月別売上仕入集計 ]となり、勘定科目情報は使用しません。

SEQ:13[ 家事消費 ]及びSEQ:14[ 雑収入 ]の場合は[ 処理区分 ]は[ 期末残高集計 ]です。
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
貸借対照表
事業用
家計用
B/S [ 貸借対照表 ]に表示する科目の指定、および画面のレイアウト設定を指定します。
[ 処理区分 ]:[ 期首期末残高集計 ]
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の期首、期末残高を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
[ Text ]と[ 区分 ]領域で画面レイアウトに関する情報を指定します。   
項目名 用途 設定例 説明
Text① 背景色(RGB) 223,232,249 セルの背景色を指定します。[ R,G,B]の形式で指定してください。
Text② 罫線色(RGB) 133,163,224 セルの罫線色を指定します。[ R,G,B]の形式で指定してください。
Text③ 罫線幅 2px 1px 2px 2px セルの罫線の太さをピクセルで指定します。
上右下左の順でピクセル指定(px)で半角スペースで区切って指定してください。
Text④ フォント色 Black フォント色を指定します。色名称で指定してください。
色名称については[(ウィキペディア – Wikipedia)ウェブカラー ]を参照ください。 
Text⑤ フォントサイズ 17px フォントサイズを指定します。px指定してください
Text⑥ フォント太さ normal フォントの太さを指定します。{ normal,bold,(lighter,bolder) }から選択してください。
※lighter,bolderについては、PDF作成で、[ 1:レイアウトモードを画面表示と同じイメージにする ]が選択されている場合、無視され[ normal ]扱いされます。
区分① 資産(左)・負債(右)指定 0 { 0:資産の部、1:負債の部 }から選択してください。
区分② 科目名インデント 1 勘定科目名を指定した値分の全角スペースを付与した右方向にずらして表示します。
作表条件 [ 見出し部 ]の画面のレイアウト設定を指定します。   
損益計算書
事業用
家計用
P/L [ 損益計算書 ]に表示する科目の指定、および画面のレイアウト設定を指定します。
[ 処理区分 ]:[ 発生額集計 ]
基本勘定科目で指定した勘定科目から貸借区分を取得し、集計勘定科目①~⑨で指定した勘定科目の発生金額を集計します。
表示用勘定科目名が省略されている場合は、 基本勘定科目で指定した勘定科目の勘定科目名が採用されます。
[ Text ]と[ 区分 ]領域で画面レイアウトに関する情報を指定します。   
項目名 用途 設定例 説明
Text① 背景色(RGB) 223,232,249 セルの背景色を指定します。[ R,G,B]の形式で指定してください。
Text② 罫線色(RGB) 133,163,224 セルの罫線色を指定します。[ R,G,B]の形式で指定してください。
Text③ 罫線幅 2px 1px 2px 2px セルの罫線の太さをピクセルで指定します。
上右下左の順でピクセル指定(px)で半角スペースで区切って指定してください。
Text④ フォント色 Black フォント色を指定します。色名称で指定してください。
色名称については[(ウィキペディア – Wikipedia)ウェブカラー ]を参照ください。 
Text⑤ フォントサイズ 17px フォントサイズを指定します。px指定してください
Text⑥ フォント太さ normal フォントの太さを指定します。{ normal,bold,(lighter,bolder) }から選択してください。
※lighter,bolderについては、PDF作成で、[ 1:レイアウトモードを画面表示と同じイメージにする ]が選択されている場合、無視され[ normal ]扱いされます。
区分① 資産(左)・負債(右)指定 0 { 0:資産の部、1:負債の部 }から選択してください。
区分② 科目名インデント 1 勘定科目名を指定した値分の全角スペースを付与した右方向にずらして表示します。
作表条件 [ 見出し部 ]の画面のレイアウト設定を指定します。