取引区分マスタの保守


取引区分マスタの保守

[ 取引区分マスタの保守 ]について説明します。

取引区分マスタは、 [ マスタの一括操作 ] で標準データの一括コピーをした上でお使いください。

[ 取引区分マスタ ]と[ 明細取引区分マスタ ]は、各種、取引登録処理の動作や仕訳作成方法を制御する設定データです。
設定値を標準値から変更すると、意図しない動作となる場合もありますので、事前にテスト用のファミリーを追加し、テスト用ファミリーで動作確認を十分行ってください。


【参考ドキュメント】 [ マスタ保守全般 ][ 一覧操作全般 ][ 取引区分 ]

[ ファミリ管理者メニュー ]-[ マスタの保守 ]-[ 動作環境設定 ]-[ 取引区分 ]-[ 取引区分マスタの保守 ]を選択して起動します。

[ 取引区分マスタの保守 ]ページが表示されます。   

最初は一覧表示用のデータ抽出条件を指定する部分だけが表示されます。
取引区分マスタの保守
取引区分マスタの保守

データ抽出条件を指定して、[ 一覧表示 ]ボタンをクリックしてください。
項目名必須説明
伝票種別 選択必須リストから選択します。

レコードの [ 変更 ],[ 削除 ],[ 複写 ]を行う場合は、[ 一覧表示 ]ボタンをクリックします。
新しいレコードを追加する場合は [ 追加 ]ボタンをクリックします。
登録済のデータをコピーして新しいデータを作成する場合は以下の手順となります。   
①データ抽出条件を指定後[ 一覧表示 ]ボタンをクリックして一覧を表示します。
②コピー元のデータの行をクリックし、編集部分に表示します。
③コードなど変更の必要な部分を入力します。
④レコードの更新方法指定で[ 追加 ]ボタンをクリックしデータ追加を行います。


[ 一覧表示 ]ボタンのクリックで[ 一覧部 ]が表示されます。   

取引区分マスタの保守 一覧
取引区分マスタの保守 一覧
[ 一覧部 ]の操作方法についてはこちら _を参照ください。

[ 編集部 ] について    

取引区分マスタの保守 編集部
取引区分マスタの保守 編集部
項目名必須説明
取引区分 キー項目です。数字で既存レコードと重複しないように登録してください。
取引区分名 20文字以内で登録してください。
アイコンファイル 取引区分毎にアイコンを設定できます。
コード検索 をクリックすると、[ イメージファイル検索 ]の呼び出しを行います。
表示区分 { 表示しない、表示する }より選択します。
この取引区分を使用しない場合は、[ 表示区分 ]を[ 表示しない ]に変更してください。
事業部門使用区分 { Yes、No }より選択します。事業で使用する取引区分の場合、[ Yes ]にします。
家計部門使用区分 { Yes、No }より選択します。家計で使用する取引区分の場合、[ Yes ]にします。
表示順 同一伝票種別内での[ 取引区分リスト ]への表示順を指定します。[ 取引区分リスト ]は表示順 / 取引区分順に表示されます。
仕訳パターン区分 仕訳データの作成方法をリスト{ 明細部,ヘッド+明細部 }より選択します。
明細部のみ仕訳 : 仕訳明細は、取引伝票の明細行の金額で作成します。
明細部のみ仕訳 : 仕訳明細は、合計金額の1行と明細部の金額で作成します。
■売上での例 売上(売掛):明細部で仕訳、売上(普通預金):ヘッド+明細部で仕訳   
●売上(売掛)の場合、仕訳パターン区分は[ 明細部で仕訳 ] 
1行目で売上¥12,400 、2行目で値引き¥108 で登録。

売上・収入登録 売上(売掛)
明細取区 金額
1 売上 12,400
2 値引き
▲108
合計 12,292
仕訳データ(プルーフ表示)
売掛金 12,400 売上 12,400
売上値引 108 売掛金 108
明細行分の仕訳が、ヘッド部の取引区分に紐付される勘定科目(普通預金)を相手科目にして作成。

●売上(普通預金)の場合、仕訳パターン区分は[ ヘッド+明細部で仕訳 ] 
1行目で売上¥12,400 、2行目で値引き¥108 で登録。

売上・収入登録 売上(普通預金)
明細取区 金額
1 売上 12,400
2 値引き
▲108
合計 12,292
仕訳データ(プルーフ表示)
普通預金 12,292 諸口 12,292
諸口 12,400 売上 12,400
売上値引 108 諸口 108

ヘッド部の取引区分に紐付される勘定科目(普通預金)で合計金額行を相手科目諸口で作成。 明細部行の仕訳も相手科目諸口で作成。
仕訳帳(伝票表示形式)
普通預金 12,292 売上 12,400
売上値引 108

[ 仕訳帳 ]等で、[ 伝票表示形式 ]を選択した場合、表示時に[ 諸口 ]をカットして表示します。
取区勘定科目コード最少 この取引区分に紐付ける勘定科目を指定します。
コード検索 をクリックすると、[ 科目コード検索 ]の呼び出しを行います。
取区勘定科目コード最大 この取引区分に紐付ける勘定科目が単一の場合は、取区勘定科目コード最大には [ 0 ]をセットしてください。
この取引区分に紐付ける勘定科目を複数ある場合、指定できる勘定科目コードの範囲を設定します。
取引登録処理は、勘定科目コードを[ 取区勘定科目コード最少 ]~[ 取区勘定科目コード最大 ]の範囲から選択できるように動作します。
この場合、下記 [ 勘定科目コード入力可否区分 ]を[ 手入力可能 ]に設定し、[ 科目分類1 ]~[ 科目分類4 ]を指定してください。
勘定科目コード入力可否区分 取引登録処理で、取引区分に紐付く勘定科目を都度入力するか否かをリストから指定します。
リスト{ 入力不可能,手入力可能 }
科目分類1 取引登録処理で、取引区分に紐付く勘定科目を都度入力する場合、勘定科目の[ 科目分類1 ]をリストから選択します。
科目分類2 取引登録処理で、取引区分に紐付く勘定科目を都度入力する場合、勘定科目の[ 科目分類2 ]をリストから選択します。
科目分類3 取引登録処理で、取引区分に紐付く勘定科目を都度入力する場合、勘定科目の[ 科目分類3 ]をリストから選択します。
科目分類4 取引登録処理で、取引区分に紐付く勘定科目を都度入力する場合、勘定科目の[ 科目分類4 ]をリストから選択します。
明細部事業部門指定可否区分 明細部での事業部門の指定可否をリスト{否,可 }から選択します。
[ 可 ]を指定すると取引登録処理の明細部の[ 部門リスト ]に[ 事業部門 ]を含むようになり、[ 事業部門 ]の指定が可能になります。
前述の[ 事業部門使用区分 ]が[ No ]の場合、ヘッド部の[ 部門 ]は[ 家計部門 ]となります。
明細部の[ 部門 ]で[ 事業部門 ]が指定されると、ヘッド部の[ 部門 ]と明細部の[ 部門 ]の帳簿区分が不一致となります。
この「ヘッド部と明細部の帳簿区分が不一致状態」の場合、取引登録処理は[ 事業主貸 ],[ 事業主借 ]を使用した帳簿跨ぎの仕訳伝票を作成します。
明細部家計部門指定可否区分 明細部での家計部門の指定可否をリスト{否,可 }から選択します。
仕訳作成区分 この取引区分で取引伝票を登録したとき、同時に仕訳伝票を作成するか否かをリストから指定します。
リスト{ 作成しない, 作成する,作成する(集約) }
[ 作成する ]を指定した場合、取引登録処理の明細部1行に対して仕訳伝票明細1行が作成されます。
[ (集約) ]を指定した場合、取引登録処理の明細部の同一[ キー項目 ]を持つ行は集約合算されて仕訳伝票明細1行が作成されます。
 [ キー項目 ]:{ 部門コード,勘定科目コード,補助科目コード,税区分CD,システム税率,伝票分類1,伝票分類2,伝票分類3 }
品目使用区分 この取引区分で取引伝票を登録する際、[ 品名 ]欄を使用するか否かをリスト{ 使用しない,使用する }から選択します。
数量単価使用区分 この取引区分で取引伝票を登録する際、[ 数量 ]と[ 単価 ]欄を使用するか否かをリスト{ 使用しない,使用する }から選択します。
予定仕訳作成区分 この項目は、「予定伝票の作成」機能を持つ取引登録処理でのみ有効です。
この取引区分で取引伝票を登録する際、同時に[ 予定伝票 ]を作成するか否かをリスト{ 作成しない,作成する }から選択します。
[ 作成しない ]を選択すると「予定伝票の作成」機能を停止し画面上の[ 予定伝票の作成 ]を表示しないようにできます。
振替登録入出金区分 この項目は、現預金振替登録でのみ使用しています。
この取引区分の[ 入出金区分 ]をリスト{ 入金,出金 }から選択します。
取引先入力必須区分 この項目は、売上(家計預金) でのみ使用しています。
売上(家計預金)で取引先の入力が必須か否かをリスト{ Yes,No }から選択します。
経費支出区分 この項目は、[ 経費支出 ]と[ 買掛支払 ] でのみ使用しています。
この取引区分の[ 支出区分 ]をリスト{ 現預金,クレジット,前払金(ICカード),未払金(一般) }から選択します。
メモ 備考です


[ 編集部 ]の入力が完了したら。レコードの更新方法を指定します。   


実行確認を行います。