貸借対照表のJOB別設定


JOB別設定 貸借対照表

[ 貸借対照表 PDFのJOB別設定 ]について説明します。  


[ ファミリ管理者メニュー ]-[ マスタの保守 ]-[ 動作環境設定 ]-[ JOB別設定マスタの保守 ]を選択して起動します。
【参考ドキュメント】 [ マスタ保守全般 ][ 一覧操作全般 ][ JOB別設定マスタの保守 ][ PDF出力に共通するJOB別設定 ][ 貸借対照表 ]


コントローラー名 RPBalanceSheet

 作表条件の出力制御   

カラム名設定値説明
キーJoukenPrint
説明作表条件の印刷 PDFの[ 作表条件部分 ]の出力を制御します。標準値1では、作表条件部分が出力されます。
KBN{0,1}0:出力しない、1:出力する
標準値[1]

 レイアウトモード   

カラム名設定値説明
キーPDFLayoutMode
説明レイアウトモード PDFのレイアウトデザインを、画面表示に近いイメージでレイアウトするか否かを指定します。
標準値の1を指定すると[ レポート設定情報 ]で画面表示用に設定された色などのデザイン情報を 、使用して画面表示に近いイメージでレイアウトされます。
0を指定すると、レイアウトデザインに[ レポート設定情報 ]は使用しません。
KBN{0,1}0:しない、1:する
標準値[1]

 PDF ページのマージン(左右上下個別指定)   

カラム名設定値説明
キーSection_PageMargins このキーでの設定値は、 [ PDF共通設定 ] に標準値が登録されています。
このキーの設定内容は、[ PDF共通設定 ]と同じ内容で登録されています。

 SetShowHide実行遅延   

カラム名設定値説明
キーSetShowHideDelay
説明 メニューからの起動後、一覧の抽出条件やレコードの編集画面を呼び出した後の画面の再表示処理を実行するまでの遅延時間を指定します。 再表示の実行タイミングが早すぎると、画面のレイアウトが崩れる、コンボボックスが正しく表示されない、などの現象がまれに発生します。 このような現象が発生した場合はブラウザの再ロードボタンをクリックしてページを再取得してみてください。 それでも、改善されない場合は、ここで指定している値をより大きな値に変更してみてください。
Short標準値[500](ミリ秒)

 PDF 明細部 見出しの設定   

カラム名設定値説明
キーTblM1_Head
説明 明細テーブル部の見出しに関する設定を指定します。
KBN{0,1} 見出し部の高さの指定方法を{0:相対指定(%),1:固定値指定}で指定します。
標準値[1]固定値指定
Short{0,1} 見出しを毎ページ表示するか否かを指定します。{0:毎ページに表示,1:先頭ページにのみ表示}
標準値[0]毎ページに表示
Int この値は変更しないでください。見出し部内のセルの数 標準値[4]
Decimal 見出し部の高さを指定します。標準値[36]
String 縦方向(上,下)のマージンを指定します。 標準値[0,0]

 PDF 明細部 見出しセル設定   

 キー[TblM1_Head_Cell_000]~[TblM1_Head_Cell_003]は、見出し部のセルの設定です。
 以下は、各カラムへの設定内容の説明です。
カラム名設定値説明
キー 標準設定一覧を参照ください
[TblM1_Head_Cell_000]~[TblM1_Head_Cell_003]は、見出し部のセルの設定です。
説明 明細部 見出しセルに関する設定を指定します。省略されている項目は前のレコードの値を継承します。
KBN{0,1} セル幅の指定方法を{ 0:相対指定(%),1:固定値指定 }で指定します。
Short {0,1,2} セル内文字列の配置方法(水平方向)を{ 0:Left,1:Center,2:Right }から指定します。
Int {4,5,6} セル内文字列の配置方法(垂直方向)を{ 4:Top,5:Middle,6:Bottom }から指定します。
Decimal セルの幅を指定します。
0を指定するとこのセルは表示されなくなります。明細行のセルの幅もここで指定した値を使用します。
String 見出しテキストを指定します。
String2 セルの背景色を[R,G,B]の形式で指定します。
String3 セルの罫線色を[R,G,B]の形式で指定します。
String4 セルのマージン(余白)を指定します。
カンマ区切りの文字列[左マージン,右マージン,上マージン,下マージン]の形式で指定してください。
String5 セルのフォント名を指定します。
フォント名には{MS P明朝,MS Pゴシック,Meiryo,MS 明朝,MS ゴシック}などが使用できます。
String6 セルのフォント色を[色名]で指定します。
[ 色名 ]については[(ウィキペディア – Wikipedia)ウェブカラー ]を参照ください。 
Decimal2 セルの罫線の太さを指定します。
Decimal3 {0,1,2,3,4} セルの罫線の種類を{ 0:Solid,1:Dash,2:DashDot,3:DashDotDot,4:Dot }から選択指定します。
Decimal4 セル罫線のコーナーの角丸め(Borders_Radius)をする場合、丸め半径の長さを指定します。0を指定すると、コーナーの角丸めは行われません。
Decimal5 {0:1,2,4,8,16,32} セルのフォントスタイルを{0:Regular,1:Bold,2:Italic,4:Strikeout,8:DoubleStrikeout,16:Underline,32:DoubleUnderline} から指定します。
Decimal6 セルのフォントサイズを指定します。

 PDF 明細部 見出しセル設定 標準設定一覧   

キー 説明 KBN Short Int Decimal DateTime String String
2
String
3
String
4
String
5
String
6
Decimal
2
Decimal
3
Decimal
4
Decimal
5
Decimal
6
説明 空白欄は未使用項目です→
タイプ
配置
水平
配置
垂直
見出し 背景色 罫線
余白 フォント
フォント
罫線
太さ
罫線
種類
罫線
角丸め
フォント
スタイル
フォント
サイズ
TblM1_Head_Cell_000(左)勘定科目01430@Res勘定科目101,101,101255,255,2555,5,5,5MeiryoWhite10009
TblM1_Head_Cell_001(左)金額20@ResDenLabel金額
TblM1_Head_Cell_002(右)勘定科目30@Res勘定科目
TblM1_Head_Cell_003(右)金額20@ResDenLabel金額

 PDF 明細部 行設定   

カラム名設定値説明
キー TblM1_Row
説明 明細部の行に関する設定を指定します。
KBN{0,1} 行の高さを指定する方法を{ 0:相対指定(%),1:固定値指定 }で指定します。
標準値[1]固定値指定
Decimal 行の高さを指定します。
標準値[18]固定値指定
String 偶数行の背景色を[R,G,B]の形式で指定します。
標準値[255,255,255]
String2 奇数行の背景色を[R,G,B]の形式で指定します。
標準値[242,242,242]
Decimal2 明細行のセルの数を指定します。この値は変更しないでください。
標準値[4]

 PDF 明細部 行セル設定   

 キー[TblM1_Row_Cell_000]~[TblM1_Row_Cell_004]は、明細行セルの設定です。
 以下は、各カラムへの設定内容の説明です。
カラム名設定値説明
キー 標準設定一覧を参照ください
[TblM1_Row_Cell_0_000]~[TblM1_Row_Cell_0_018]は、明細行セルの設定です。
説明 明細部 行セルに関する設定を指定します。省略されている項目は前のレコードの値を継承します。
KBN{0,1,2,3,4,5,6,9} 編集タイプを{ 0:無編集,1:数量,2:単価,3:金額,4:日付,5:時刻,6:日付時刻,9:文字列指定 }で指定します。
Short {0,1,2} セル内文字列の配置方法(水平方向)を{ 0:Left,1:Center,2:Right }から指定します。
Int {4,5,6} セル内文字列の配置方法(垂直方向)を{ 4:Top,5:Middle,6:Bottom }から指定します。
Decimal セルの幅を指定します。
String 見出しを指定します。
String2 セルの背景色を[R,G,B]の形式で指定します。
String3 セルの罫線色を[R,G,B]の形式で指定します。
String4 セルのマージン(余白)を指定します。
カンマ区切りの文字列[左マージン,右マージン,上マージン,下マージン]の形式で指定してください。
String5 セルのフォント名を指定します。
フォント名には{MS P明朝,MS Pゴシック,Meiryo,MS 明朝,MS ゴシック}などが使用できます。
String6 セルのフォント色を[色名]で指定します。
[ 色名 ]については[(ウィキペディア – Wikipedia)ウェブカラー ]を参照ください。 
Decimal2 セルの罫線の太さを指定します。
Decimal3 {0,1,2,3,4} セルの罫線の種類を{ 0:Solid,1:Dash,2:DashDot,3:DashDotDot,4:Dot }から選択指定します。
Decimal4 セル罫線のコーナーの角丸め(Borders_Radius)をする場合、丸め半径の長さを指定します。0を指定すると、コーナーの角丸めは行われません。
Decimal5 {0:1,2,4,8,16,32} セルのフォントスタイルを{0:Regular,1:Bold,2:Italic,4:Strikeout,8:DoubleStrikeout,16:Underline,32:DoubleUnderline} から指定します。
Decimal6 セルのフォントサイズを指定します。

 PDF 明細部 行セル設定 標準設定一覧   

キー 説明 KBN Short Int Decimal DateTime String String
2
String
3
String
4
String
5
String
6
Decimal
2
Decimal
3
Decimal
4
Decimal
5
Decimal
6
説明 空白欄は
未使用項目です
編集
タイプ
配置
水平
配置
垂直
見出し 背景色 罫線
余白 フォント
フォント
罫線
太さ
罫線
種類
罫線
角丸め
フォント
スタイル
フォント
サイズ
TblM1_Row_Cell_000貸借対照表のPDF[明細] (左)勘定科目005(左)科目名191,191,1911,4,2,2MeiryoBlack0.50009
TblM1_Row_Cell_001貸借対照表のPDF[明細] (左)金額32(左)金額
TblM1_Row_Cell_002貸借対照表のPDF[明細] (右)勘定科目00(右)科目名
TblM1_Row_Cell_003貸借対照表のPDF[明細] (右)金額32(右)金額

 PDF 明細部 テーブル 罫線設定   

カラム名設定値説明
キー TblM1_Whole_BorderS
説明 明細テーブル全体の罫線の設定を指定します。 
KBN{0,1,2,3,4} 罫線の種類を{ 0:Solid,1:Dash,2:DashDot,3:DashDotDot,4:Dot }から選択指定します。
標準値[ 0 ]Solid(実線)
Short 罫線のコーナーの角丸め(Borders_Radius)をする場合、丸め半径の長さを指定します。0を指定すると、コーナーの角丸めは行われません。
標準値[ 0 ]角丸めは行わない。
Decimal セルの罫線の太さを指定します。
標準値[ 0.5 ]
String セルの罫線色を[R,G,B]の形式で指定します。
標準値[ 0,0,0 ]

 PDF 明細部 テーブル マージン設定   

カラム名設定値説明
キー TblM1_Whole_Margins
説明 明細テーブル全体のマージン(余白)の設定を指定します。 
String カンマ区切りの文字列[左マージン,右マージン,上マージン,下マージン]の形式で指定してください。
標準値[ 25,5,10,10 ]

 PDF 明細部 テーブル 幅設定   

カラム名設定値説明
キー TblM1_Whole_Width
説明 明細テーブル全体の幅を指定します。 
KBN{0,1} セル幅の指定方法を{ 0:相対指定(%),1:固定値指定 }で指定します。
標準値[ 0 ]相対
Decimal セルの幅を指定します。
標準値[ 80 ]%

 PDF タイトル   

カラム名設定値説明
キー Titile
説明 PDF タイトルを指定します。 
String 省略すると[ 貸借対照表 ]と表示されます。
標準値[] 省略。

©kichoumen.net 喜帳面